メニュー

FREETELがサイト一新とともに新料金プランとなりました

FREETEL新サイト

FREETELがサイト一新とともに新料金プランとなりました。

サイトリニューアル & 新プラン「FREETEL SIM」開始

先日、FREETELの発表会をニュースでとりあげました。

その中で、7/15からFREETEL SIMとして新しい料金プランを開始するとありましたが、この度、サイトのリニューアルとともに新プランへの移行が始まりました。

新プラン「使った分だけ安心プラン」

FREETEL SIM新プラン

新プラン「使った分だけ安心プラン」の特徴

  • 使用量に合わせた従量課金制
  • 業界最安値299円(100MB)~2,470円(10GB)
  • データ量に応じた6段階の価格設定

一番の特徴は従量課金制です。格安SIM業界の主流の固定データ量のプランに対して、FREETEL SIMの新プランでは「使った量に応じて課金される従量課金制」となりました。使った量に応じて課金されますので、毎月プラン変更で対応したり/追加クーポンを購入することなく、データ量に応じたお得な課金設定のプランとなりました。

さらに、設定されている料金も業界最安値の299円(100MB)からのうれしい設定です。まったく使わない月では、300円以下でスマホが所有できるのは非常に魅力的です。さらに、最大は10GBが上限の2,470円となりますので、どれだけ使っても料金が上限の2,470円を超えることがなく安心です。

6段階の価格設定ですが、どの段階でも安い料金設定となっていますので、非常に魅力的なプランとなっています。

※現行のフリーモバイルユーザーの移行に関しては下記ページで紹介されています。
(こちらによると移行にかかる手数料は0円で移行に対応していただけるとのことです)

FREETELの意気込み

FREETEL新ブランド

会社のロゴマークも一新し、日本ブランドを前面に押し出してそれを会社の魅力とするFREETELの意気込みが感じられます。

格安スマホに定評のあるFREETELでしたが、これから発売が予想される最新のAndroid端末には「SAMURAI」シリーズと名付けています。端末名には「雅(MIYABI」「極(KIWAMI)」という日本名を冠し「made in Japan」の品質を印象付けるものとしています。

そして、イメージ先行だけでなく、今回の新プラン「使った分だけ安心プラン」という形で、ユーザーを引き込む魅力的なプランを実現しました。

今までは格安スマホのイメージだったFREETELから、『日本』の高品質を全面に押し出した信頼感のあるブランドへ生まれ変わろうとする意気込みを感じます。

おわりに

FREETELは格安SIMの価格だけでなく、端末のラインアップや店頭窓口の拡充など、格安スマホの既存ユーザーや潜在ユーザーのニーズをいち早くキャッチして、他のMVNOよりも一歩早い展開で勝負してきています。

格安SIMは群雄割拠の戦国時代ですが、FREETELはその中でも特徴があって魅力的なMVNOです。たくさんあるMVNOの中でも、今後も注目しておきたいMVNOですね。

関連記事

他の関連記事