メニュー

DMM モバイルの通信制限にひっかかりました

DMM モバイルの通信制限にひっかかりましたので、その内容を紹介します。

DMM モバイルの通信制限

通信データ

DMM モバイルにしましたで記事を書きましたが、管理人はDMM モバイルの次のプランと契約しました。

普段はいろいろ試すために、Wi-Fiを使わずに低速モード(通信速度200kbps)で使っていました。低速モードでもLineの音声通話やradikoなども普通に使えてとても満足しています。

ところが、昨日あたりから突然ネットの動作が重くなりはじめました。調べてみるとどうやらDMM モバイルの通信速度制限にひっかかているようでした。

DMM モバイルの通信速度制限の条件は下記の通りです。

  1. 高速データ通信残量が0MB
  2. 高速データ通信OFF

1または2の状態(通信速度が200kbps)で、3日間の通信量の合計が366MBを超えると通信速度の制限がかかるようです。言い換えると、高速データ通信のデータ容量に余裕があって、高速通信をONにしている限りは速度制限がありません。

※管理人は音声通話付SIMで契約していますが、音声通話には影響ありませんでした

この通信制限は通信速度が30kbpsくらい。ネットに繋ぐのも一苦労だよ

通信速度制限になってみて

通信速度制限になって思ったことは「かろうじてネットにつながる状況」ということです。つまり、ほとんどのネットブラウジングやアプリが使えない状況になります。なんとか使えたのは

  • メール(文字)
  • Line(文字)
  • テキスト中心のサイト閲覧(2chなど)

このように、テキストの文字情報でやりとりするツールが使える程度です。Google Mapも現在地と周辺の概要の確認はできましたが、細かい地図表示は厳しかったです。

低速モードのGoogle Map

特に画像や音声・動画などのデータ容量が大きいものは、ほぼ使えないと考えていいと思います。

この通信速度の制限状態になっても、高速データ通信をONにすることで高速通信に復帰できます。いざというときは高速データ通信ONで対応できました。

通信速度制限時の通信速度

通信制限モード 低速通信モード

左が通信制限モード、右が低速通信モード(200kbps)の通信速度データです。通信制限モードでは下りで30kbps程度で、低速通信モードの200kbpsに比べてもさらに速度が低下しています。

低速通信モードの200kbpsでもLineの音声通話やradikoなども使えて、動画の閲覧以外はほぼ満足できる状況です。DMM モバイルにはバースト機能もあるので、低速通信でもストレスが緩和されるという理由もあります。

ところが、今回の通信制限になってしまうと、通信速度が遅すぎていろいろと使っていくには厳しいと感じました。

そこで、低速通信モード中心で運用していくには、通信量のチェックが重要になってきます。通常の高速データ通信量はDMM モバイルツールアプリという専用アプリやDMMのWebで確認できますが、低速通信のデータ使用状況は確認する術がありません。

低速通信の通信量はアプリを使ってチェック

そんなときにおすすめなのが、通信量をチェックするアプリです。通信量をチャックするアプリの中には、3日間の通信状況を確認できるものがあります。管理人は下の通信量チェッカーというアプリを使っています。このアプリは”直近3日のデータ量”と”1カ月のデータ量”をグラフと数値で見えるようにしてくれます。

高速通信と低速通信の合計の通信量が計算されてしまいますので注意が必要ですが、管理人のような低速通信を中心とするユーザーは3日間の通信状況が把握できるのは助かるのではないでしょうか。

通信料チェッカー
通信量チェッカー

おわりに

冒頭でも述べましたが、管理人はDMM モバイル 通話SIMプラン 1GBと契約しています。

今回の通信制限になってみてあらためて「1GBプランでよかったな」と思いました。というのは、DMM モバイルは最近になって高速通信のないライトプランが追加されましたが、今回のように通信制限になってしまうとほとんどのネットサービスが使えなくなるからです。

そんなときに、1GBでも高速通信のプランを契約しておけば、通信制限がかかっても高速通信をONすることで高速通信が可能になります。

もちろん、最初からデータ容量に余裕をもったプランと契約するのも1つの方法ですが、管理人のように少しでも料金を安くしたい人には、データ使用量を節約できる高速通信ON/OFFはとても便利な機能です。

普段は低速通信(200kbps)で使いつつ、通信料をアプリでチェックしておけば通信制限を未然に防ぐことも可能です。さらに万が一通信制限がかかっても高速通信をONにすればストレスのないスマホ運用ができますね。

DMM モバイルでより安く使うコツ

  • 低速通信(200kbps)を上手に利用する
  • 通信量チェックアプリ
  • 1GB契約(高速通信)

この3段構えで契約・運用すれば、格安SIMの中でもさらにお得にスマホを運用できると思います。

低速通信の速度制限は使い勝手がとても悪くなって大変。
速度制限にならないように上手にやりくりしようね。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

男性

DMM mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

普段は家にwifiがあるため、それで事足りますが、たまに外で使うときは動画をみることがあるので契約しました。大手とくらべて格段に安いので、月々の支払いに、安心感があるところが一番の良いところだと思っています。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

格安SIMに変えて良かった事は、何といっても毎月の料金がぐんと下がった事。キャリアで契約していた時は月7000円程度を払っていたが、現在は毎月1500円程度(通話料が別途加算なのでその分の変動あり)で済んでいる。通信料は毎月必ず掛かるものだから、安ければ安い程良い。また、通信速度も心配していた程遅くなく、混む時間帯に若干感じる程度。通話音質も問題なし。田舎に旅行に行った時も電波が入るので問題なし。ただ、サポートがキャリア程手厚くない為、分からない事を自分で調べて対処出来ない人は不便さを感じるかも。

関連記事

他の関連記事