メニュー

Windows 10正式リリース! 1年間は無料アップデート対応

Windows 10

7/29日、Windows 10が正式リリースされました。

Windows 10正式リリース

Windowsの最新モデルWindows 10が7/29日に正式リリースされました。

今回のWindows 10の特徴は

  1. UI/UXを進化
  2. 新ブラウザーMicrosft Edge搭載
  3. マルチデバイス対応

となります。

まず、見た目や操作性に関するUI/UXがWindows8/8.1からさらに進化しています。使い勝手の評判もなかなかいいようです。そして、ブラウザーがIEから新しくEdgeに変更されます。読み込み速度や書き込み機能など新しく使いやすいブラウザが搭載されました。次のマルチデバイス対応については後ほど触れたいと思います。特に、1つ目と2つ目の特徴については、他のサイトにテスト版のレビューや評価がありますので、そちらを参照していただくとわかりやすいと思います。

さらに、今回のWindows 10は『Windows8.1』や『Windows 7』から無料でアップデートができるのがこれまでのWindowsとは違った点になります。マイクロソフトは「Windws as a Service」ということで、『Windowsをサービスの中心とする』新しい位置づけを打ち出しました。

従来のマイクロソフトはWindowsの新規購入やアップグレードが収益モデルとなっていましたが、今後はWindowsを基本としたサービスを収益の柱にしていく考えです。例えば、クラウドシステムのサービスやゲームやメディアとの連携、企業向けのAzureなどのように、ソフト単体ではなくサービス全体として収益を上げる戦略へシフトしていく狙いです。

今回は「1年間は無償でアップグレードできる」ということになっていますので、いつまでWindows 10が無償対応されるかわかりませんが、これからのWindowsとマイクロソフトに注目していきたいところです。

Windows 10のマルチデバイス対応

マルチデバイス

マイクロソフトがWindows 10で一番狙っているのはスマホ分野です。現状、Windows Phoneと呼ばれるマイクロソフトのOSが入ったスマホのシェアは5%程度で、そのほとんどがAndroidとiOSに占められています。

そこで、マイクロソフトがスマホのシェア獲得のために打ち出しているのが『マルチデバイス対応』です。実はWindows 8からスマホ対応を狙った仕組みもありましたが、使いにくさや互換性の問題からいまいち普及しませんでした。そこで、今回のWindows 10ではデータの共有やクラウドの活用によって、PCやスマホなどの端末によらないデータ共有ができるような仕組みを取り入れています。

特に、ビジネスではExcelやPower PointなどのOfficeツールが必須な場面が多いと思いますが、Windows 10ではこれらのデータをPCでもスマホでも共有しながらデータの編集や閲覧・管理ができるようになっています。

例えば、格安SIMを販売するFREETELではそのようなニーズをいち早くキャッチして、Windows 10対応の端末発売を予定しています。

Windows 10が出たからといってスマホのシェアが劇的に変わるとは思いませんが、ひとつの流れを作るきっかけとして注目されることが予想されます。

おわりに

Windows 10はスマホをターゲットとした新しいOSです。FREETELのWindows端末だけでなく、今後いろいろなキャリアからWindows端末が発売されていくと予想されます。格安SIMの業界でもAndroidかiOS(iPhone)しか選択肢が無い状況でしたが、今回のWindows 10をきっかけに選択肢の幅が広がりそうです。

関連記事

他の関連記事