メニュー

mineoいよいよドコモ回線開始! au回線との日本初のマルチキャリアへ

mineo topページ

mineoがいよいよドコモ回線のサービスをスタートしました。日本初となるマルチキャリアの誕生しました。

日本初のマルチキャリアmineo

9月1日からmineoがドコモ回線のサービスを開始しました。これまでのau回線と合わせて、日本で初めてのマルチキャリアとなります。

今までのmineoはau回線を提供するMVNOとして一定の地位を築いてきました。特に、auで契約したiPhoneユーザーから格安SIMへ移行する受け皿としてmineoは最適なMVNOとなっていました。

ところが、iOSが8にバージョンアップした際に、mineoではiPhoneが使えなくなるという事態が発生しました。この影響でau系のiPhoneユーザーが移行できない/他MVNOへ転出してしまう状況となり、これを重くみたmineoはdocomo回線もサービスを提供するという判断をとりました。

そして、いよいよ本日(9月1日)からドコモ回線もサービスを開始することで、日本では初めてとなるau回線とdocomo回線の2つのキャリアに対応したマルチキャリアのMVNOとなりました。au系とdocomo系の端末に対応できますので、これでmineoが一番対応できる端末の多いMVNOとなりました。

ただいま、ドコモ回線プランのスタートを記念したキャンペーンが実施されています。キャンペーン期間は10月31日までで、月額基本料金から最大で30か月×800円の割引きキャンペーンとなっています。

mineoの特徴を簡単にまとめます。

mineo

docomoとau回線を選べる唯一の格安SIM! ケイ・オプティコムが運営するので安心です。

月額料金

データSIM700円~

通話SIM1400円~

データ容量0.5GB・1GB・3GB・5GB・10GB
回線docomo/au
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

mineoのここがおすすめポイント

  • docomo回線とau回線を提供する日本で唯一の格安SIMです。
  • パケットギフトやフリータンクを利用すれば、友達やユーザー同士でデータ容量を分け合えます。
  • au端末のユーザーにとっては、数少ないau回線の選べる格安SIMです。

mineoのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金4.8

通信4.3

通話4.2

サポート4.2

満足度4.5

男性

mineo 男性 30代

料金5

通信5

通話-

サポート5

満足度5

毎月データ容量を超え通信制限がかかっていたため、お試しで3GBを契約しましたが、今のところ不自由な所はありません。現在使っているスマホの2年契約がもう少しで終わるので、音声通話付きの契約も検討しています。最初は格安SIMに対していい印象はなかったけど、もっと早く契約をすれば良かったなと後悔しています。

男性

mineo 男性 30代

料金5

通信4

通話4

サポート5

満足度5

やはり、何といっても料金が安いことにあります。大手キャリアを使用してきたときから比べて、半額以下の価格で利用できており、またその安さにも関わらず、使用上の不都合はほとんど感じません。本当に格安SIMに移行してよかったです。

mineoがマルチキャリアとなったことで

mineoはauユーザーにとって移行しやすいMVNOでしたが、マルチキャリアとなったことでドコモユーザーも移行できる環境が整いました。

個人でau端末とドコモ端末を使い分けるユーザーはそれほど多くはありませんが、例えば家族ではauとドコモを使っているケースがあると思います。mineoでは家族間のパケットのシェアや回線の乗り換えができるようになっていますので、このような場合にはmineoを利用するとお得にスマホを使える可能性があります。

料金的にも他のMVNOとほぼ同じ価格帯のプランとなっていますので、マルチキャリアだからと言って割高なわけではありません。機能もデータ繰り越しや高速通信のON/OFFなど一般的な機能もひととおり揃っています。また、MNP時には自宅でも即日で切り替えができるサービスがあるのも特徴です。

mineoの即時切り替え

1点注意しておきたいのは、マルチキャリアといっても1契約につき1回線ということです。au/ドコモのどちらの回線とも契約できますが、契約した側の回線のみ利用できます。1つのSIMカードでどちらの回線も使えるわけではないことに注意しましょう。

個人でマルチキャリアをうまく利用できるケースはあまりないと思われますが『auとドコモとどちらも選択できる』というのがmineoの大きな特徴であり、メリットになりそうです。

おわりに

mineoがドコモ回線にも対応したことで、au系/ドコモ系を問わずに移行できる格安SIMのMVNOとなりました(au系のiOS8系は除く)。mineoには最低利用期間がなく、今なら基本料金が割り引きとなるキャンペーンも実施中ですので、「一度試してみたい」という人はこの機会にいかがでしょうか。

関連記事

他の関連記事