メニュー

いよいよiPhone6sの情報が出ましたね

iPhone6sトップ

いよいよiPhone6sに関する情報が発表されましたね。

この記事ではiPhone5sを使う管理人がiPhone6sについての考えをまとめておきたいと思います。

(2015年9月13日:一部追記・修正しました。)

iPhone6sについて

iPhone6s/Plusに関して正式な情報が発表されましたので、個人的なひとり言を簡単にまとめてみます。

全体的な内容については下記のニュースで紹介しています。

iPhone6sの特徴

  • 新色ローズゴールド追加
  • 3D Touchの新タッチ操作
  • 1200万画素で4Kビデオが撮れるカメラ & Live Photos
  • CPUには新チップA9で70%の性能向上

3D TouchとLive Photosが新しいユーザー体験として注目する機能だと思います。基本的にはiPhone6からのマイナーチェンジなので、iPhone6ユーザーなら現状に不満がなければ買い替える必要はなさそうです。

買い替えの候補になりそうなのは、iPhone5s以前のユーザーやAndroidユーザーではないでしょうか。買い替えにあたって1番のハードルは価格だと思いますので、まずはそれを考えてみます。

iPhone6sへ買い替えるとすると

iPhone6sへ買い替えるとして、大手キャリアと格安SIMのSIMフリー端末でどれくらいかかるかを見積もってみます。まずは、各々の購入に関する特徴です。

(2015年9月13日 下記修正・追加)

  • 大手キャリア → 分割払いが可能
  • 格安SIM → 端末を一括購入

Apple Storeでも分割対応できますので、大手キャリア・SIMフリー端末(Apple Store)のどちらでも購入の一括・分割はできます。大きな違いはSIMロックに関してです。

  • 大手キャリア → SIMロックあり
  • SIMフリー端末 → SIMロックなし

大手キャリアのiPhone6sや旧iPhoneに関するSIMロック解除の情報はまだ発表されていませんので、端末に関する1番の違いがSIMロックになります。
→ 大手キャリアも正式情報としてiPhone6sのSIMロック解除に対応しました。残念ながら旧iPhoneは非対応のままです。

追記情報として、各社の料金プランが出ましたので、iPhone6s 16GBで簡単な比較表を作りました。

iPhone6s 16GBの各社とSIMフリー比較(税込) 2015年9月13日版
項目 docomo au SoftBank SIMフリー
プラン名 データSパック スーパーカケホ ホワイトプラン IIJmio(みおふぉん)
端末料金 0円 0円 0円 93,744円
データ量 2GB 5GB 7GB 3GB
月々の端末料金 0円 670円 648円 0円
月々の基本料金 6,291円 7,096円 5,966円 1,728円
月々の合計料金 6,291円 7,766円 6,614円 1,728円
2年間の支払合計 150,984円 186,384 158,736円 135,216円

比較表では、MVPによるキャリア変更として最安値のプランを想定しています。また、12か月の割り引きは24か月に換算し、端末の下取りは含めていません(同じ条件で比較するのため)。

2年間の計算ではSIMフリー(格安SIM)が最も安い計算となりました。価格だけの判断は難しいですが(大手キャリアではサポートが手厚いなどのメリットあり)、ひとつの参考情報として紹介しておきます。

(2015年9月13追記ここまで)

各々の場合について、簡単に2年間でかかる費用を見積もってみます。

大手キャリアの場合

大手キャリアで契約する場合は2年縛りという制約はあるものの、端末料金を分割できますので、月々の料金は1万円以下に抑えることができます。新機種のiPhone6sに関するプランは各社まだ未発表ですが(9月10日時点)、先月までのiPhone6の料金設定を考慮すると次のような感じなると思います。

iPhone6s 16GBを大手キャリアで購入した場合(税込)
項目 docomo au SoftBank
月々の端末料金 0円 0円 0円
月々の基本料金 7,020円 7,020円 7,020円
割り引き のりかえ10,800円
下取り27,000円
のりかえ・下取り22,680円 のりかえ10,000円
下取り22,560円
2年間の支払合計 130,680円 145,800円 135,920円

基本料金は2GBの定額プランを前提として、下取りなどはiPhone5s 64GBの最高値としています。実際には、キャンペーン時期や買取価格などにも差がありますので、もう少し高い支払額になると思います。また、光回線との加入による割り引きや家族割引などもありますが、考慮しないことにしています。

各社ともiPhone6s 16GBで簡単に見積もった場合、2年で13万~14万円近くの費用です。1つ注意点になりますが、端末料金は月々0円としていますが、モデルによって0円~2,000円くらいの間になるかと思いますので、先ほどに2万円近くプラスされて15万円くらいが実際の2年間の費用になりそうです(割り引きがなければさらにプラス2,3万円)。

SIMフリー端末の場合

AppleストアでSIMフリー版を購入すると最安値のモデルと最高値のモデルを例に挙げてみます。

  • iPhone6s 16GB 86,800円(税別)
  • iPhone6s Plus 128GB 122,800円(税別)

最高値のiPhone6s Plus 128GBについては、12万円を超える超高級端末となっています。最安値モデルのiPhone6s 16GBでも86,800円なので、消費税を考えると93,744円と9万円を超えて10万円近くのスマホという価格設定です。

格安SIMを使うユーザーにとってSIMフリー端末はとても魅力的ですが、10万円近くを一括で購入する必要がありますので、なかなか敷居が高い買い物になると思います。

iPhone6s 16GBをSIMフリー端末を購入した場合(税込)
項目 SIMフリー端末
端末料金 93,744円
月々の基本料金 1,728円
2年間の支払合計 135,216円

格安SIMの音声通話付SIM 3GBのプランとして、2年間の費用は13.5万円となりました。2年間の料金だけを比較すれば、大手キャリアとあまり変わらない結果となりました。

2年以上使う場合は、2年目以降に月々5,000円近くの料金に違いがでてきますので、SIMフリー端末を購入する方が有利になります。

大手キャリアとSIMフリー端末どちらがいいの?

2年間で考えると料金的にはどちらもそれほど大きな違いはありませんでした。では「どちらを選ぶのがいいか?」ということですが、管理人は次のように考えます。

  • 信頼性・安心感 → 大手キャリアで2年ごとにキャリア変更
  • 値段を優先 → SIMフリー端末 & 格安SIMの運用

サポート体制や今までの使い勝手をあまり変えたくない人は、大手キャリアがおすすめです。特に、スマホ事情にあまり詳しくなかったり、すぐに相談できる窓口が欲しい人は大手キャリアがいい選択肢になります。

それに対して『値段』を安くすませたい場合は、SIMフリー端末&格安SIMの運用がおすすめです。先ほど「2年間の料金はあまり変わりません」と説明しましたが、2年目以上から圧倒的に安く使えるのが1つ目の理由です。

さらに、2年縛りもありませんので、仮に来年にiPhone7が発売されて乗り換えたいときには、違約金なく簡単に乗り換えできます。また、丁寧に扱ったSIMフリー端末なら高額で買い取ってもらえますので(状態によっては5万円近く)、次回乗り換えも見据えた場合はSIMフリー&格安SIMを選ぶ方が費用的にはメリットがあります。

管理人は大手キャリアにそれほどメリットを感じられなくなりましたので、SIMフリー端末を選択したいと考えています。

携帯業界は、いわゆる情強(情報強者・詳しい人)は安くスマホを使える反面、事情に疎い人(情弱)からお金を吸い取る傾向が見られます。安く使うには最低限の情報収集が欠かせません。

管理人はiPhone6sに乗り換えるの?

欲しい理由と欲しくない理由との間で迷っています。

欲しい理由

  • SIMフリー端末が欲しい

SIMロックのかかったiPhone5sをSIM下駄で運用していますが、SIM下駄の制限があります。SIMフリー端末に乗り換えれば、SIM下駄などのテクニックなしに最大限にiPhoneを活用できるのが魅力的だと思っています。

欲しくない理由

  • 高い
  • iPhone5sでも満足している
  • iPhone6cに淡い期待

欲しくない(購入を迷う)理由は、端末料金が10万円近くになることです。特にSIM下駄のiPhone5sでもそれほど不満なく使えていますので、「新規に10万円近くで端末を購入するか?」でかなり迷っています。

さらに、年末にiPhone6cの噂もあって、個人的には持ちやすいサイズのそちらを期待したいです。(追記: iPhone SEとして登場しましたね)

結論

まずは大手キャリアのSIMロックに関する次の発表を待ってみてみます。

  • iPhone6s/PlusのSIMロック対応
  • 旧iPhoneのSIMロック対応

大手キャリアがSIMロック解除に早い段階で対応するなら、ペナルティがあったとしても大手キャリアの選択肢も検討したいと考えています。また、今持っているiPhone5sにもSIMロック解除の対応が適用される場合は、買い替えは無しにしようと思っています(可能性はほぼ0ですが)。→ iPhone6s/Plusは正式にSIMロック対応の発表がありました。

あとは、実際に9月25日に発売された実際の端末を触ってみて、『3D Touch』が使い勝手に大きく影響しそうなすばらしい機能なら買い替えようかと思っています。

それ以外の場合は中立に、端末を触ってみた感触や旧モデルのiPhone6の料金なども比べてみて、総合的に判断したいなと考えています。

あと、ストレージは16GBじゃなくて64GBか128GBがおすすめですよ。というのは、4Kビデオ撮影とLive Photosで今まで以上にデータ量を消費する機能が搭載されているので、iPhone6sをめいいっぱい活用したいなら大きめのストレージモデルにしましょう。

追記 実際にiPhone6sを触ってみて

iPhone6sを含めて、いくつかのSIMフリースマホを触ってきました。結果としてiPhone6sは見送ることにしました。

iPad Proについてひとり言

iPad Proとキーボード

Appleのプレゼンで非常に魅力的に見えたiPad Proに関してひとり言。

プレゼンではタブレットPC的な使い方でとても魅力的に見えました。一夜明けて冷静に考えてみると、個人的には「iPad Proは無し」という結論になりました。その理由をメモ程度に書いておきます。

「iPad Proは無し」の理由

  1. タブレットとしては大きすぎる
  2. PCとして使うには周辺装置の接続に不安
  3. Surface Proの方がいい

iPadもiPad miniも持っているのですが、iPadでも片手間でいろいろと使うには大きいと感じていて、普段はiPad miniを使っています。iPad Proはさらにそれよりも大きいサイズとなるため、タブレットの小回りが利く使い方には大きすぎ&重すぎて使いにくそうに感じました。

iPad ProのコンセプトとしてPC的な資料の作成やデザインの編集なども見越した製品だと思います。そう考えると、プリンターなどの周辺機器やUSB機器などの接続に不安があります(接続できない?)。iPad Pro内で完了する作業であれば問題ありませんが、PC的な使い方を考えたときにどうしても周辺機器との接続に不安が残ってしまいます。

iPad Proと同じようなコンセプトの製品として、タブレットPCのMicrosoftのSurface Proがあります。管理人も初代のSurface Proを使っていますが、性能や使い勝手も含めてとても満足しています。iPad Proの方が軽量でおそらく発熱も小さいと思いますが、やはりPCとして総合的に考えるとSurface Proの方が魅力があると思いました。

Surface Pro
(管理人のPC環境)

Surface Proでは外部ディスプレイをつないでマルチスクリーンで使ったり、USB機器とも問題なく使えます。通常のPCやノートPCの代わりとして使いたい場合は、Surface Proの方がおすすめだと思います。

もちろん、Apple製品が好きだったり新しいガジェット好きなユーザーには、iPad Proもすばらしい魅力的な製品というのは間違いないと思っています。

関連記事

他の関連記事