メニュー

iPhone6s/Plus9月25発売! 価格は86,800円~予約は9月12日から

iPhone6sトップ

いよいよAppleから新型iPhoneに関する情報が発表されました。

Appleの新製品発表会

9月9日(日本9月10日)にAppleが新型iPhoneなどに関する新製品の情報を発表したました。

発表では新型iPhoneのiPhone6s/iPhone6s Plusはもちろんのこと、iPadの新コンセプトiPad ProやiWatch、Apple TVなどの製品情報や発売に関する情報がリリースされました。

iPhone6s/iPhone6s Plusは9月12日から予約開始で、発売は9月25日を予定しています。価格は次のようになっています(SIMフリーモデル)。

iPhone6s & iPhone6s Plusの価格(税別)
モデル 価格
iPhone6s 16GB 86,800円
iPhone6s 64GB 98,800円
iPhone6s 128GB 110,800円
iPhone6s Plus 16GB 98,800円
iPhone6s Plus 64GB 110,800円
iPhone6s Plus 128GB 122,800円

以下では、格安SIMに関連する製品のiPhone6s/PlusとiPad Proについて主に紹介したいと思います。

iPhone6s / iPhone6s Plus

iPhone6sのモデル

iPhone6に続く新型iPhoneは『iPhone6s』と『iPhone6s Plus』と正式に発表されました。まずは、目玉となる特徴をあげます。

特徴

  • 新色ローズゴールドを追加した4色ラインアップ(シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド)
  • 3D Touchによる新しいタッチ操作
  • 1200万画素で4Kビデオが撮れるカメラ & Live Photos
  • CPUには新チップA9で70%の性能向上

従来の3色(シルバー、ゴールド、スペースグレイ)に加え、新色のローズゴールドが追加されました。サイズや外観はiPhone6と変わりませんが、ローズゴールドが追加ということで女性に人気となりそうです。

機能面では3D Touchという新しいタッチ操作が追加されました。3D Touchは感圧式のタッチセンサにより、従来のタッチやスワイプに加えて『Peek』と『Pop』という操作が加わります。PeekやPopでは各コンテンツをプレビューする機能を備え、アプリを開くことなく操作できるようになります。

カメラ機能では1200万画素の高解像度カメラを内蔵し、4K画質の動画・ビデオが撮れるようになりました。さらに、注目したいのは『Live Phots』技術です。Live Photosは写真を撮った前後の瞬間の動きと音を一緒に撮影します。後で写真を見返すときにプレス操作をすると写真を撮った前後のシーンの動きや音も再現してくれます。

CPUには新チップのA9が搭載され、CPUの性能はiPhone6よりも70%向上し、GPUは90%の性能がupしています。発表では3Dのゲームが滑らかに動くシーンがデモされ、CPU性能の高さをアピールしました。

Live Photosの発表の様子
(Live Photosの発表の様子)

新しいモデルということで性能向上はもちろんですが、新しいユーザー体験として『3D Touch』と『Live Photos』には注目が集まりそうです(こちらでLive Photosのデモが見れます)。

iPhone6sとiPhone6との比較

新モデルのiPhone6s/Plusと前モデルのiPhone6/Plusの簡単な比較をまとめました。

iPhone6s vs iPhone6
項目 iPhone6s Plus iPhone6s iPhone6 Plus iPhone6
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
容量 16GB
64GB
128GB
16GB
64GB
128GB
16GB
64GB
16GB
64GB
ディスプレイ 3D Touch
Retina HD
1920×1080
3D Touch
Retina HD
1334×750
Retina HD
1920×1080
Retina HD
1334×750
サイズ(mm) 158.2×77.9×7.3 138.3×67.1×7.1 158.1×77.8×7.1 138.167.0×6.9
重量(g) 192 143 172 129
CPU A9 A9 A8 A8
カメラ 1200万画素
Live Photos
1200万画素
Live Photos
800万画素 800万画素
ビデオ撮影 4K
1080p HD
4K
1080p HD
1080p HD 1080p HD
バッテリー 連続通話24時間 連続通話14時間 連続通話24時間 連続通話24時間
SIMカード nanoSIM nanoSIM nanoSIM nanoSIM

iPhone6を踏襲しつつ、上で紹介した特徴の『新色追加』『3D Touch』『4K & Live Photos』『チップの性能向上』が主な改良点となっています。

iPhone6s/Plusまとめ

6 → 6sとのマイナーチェンジとなっていますが、新色のローズゴールドや新機能の3D TouchやLive Photosに注目が集まりそうです。今回、4KビデオやLive Photosといったデータ量を多く使うような機能が追加されていますので、写真や動画を楽しむユーザーには、64GBや128GBのモデル容量をおすすめしたいと思います。

格安SIMの運用では、Appleストアで購入するとSIMフリー端末なので、キャリアを選ばないのでおすすめです。一括購入が難しい場合は、大手キャリアのMNPやキャンペーンを利用することで月々の端末料金が1,000円程度に抑えられると思いますので、iPhone6s/Plusを分割で使いたいユーザーはそちらも検討してみるのもいいかもしれません(端末料金に加えて基本料金は+5,000円程度かかってきます)
注意:9月10日時点の大手キャリアのiPhone6s/Plusに関する具体的なプランは未発表となっています。

新型iPadのiPad Pro

iPad Pro

今回のAppleの発表会のもう1つの目玉はiPadの新コンセプト『iPad Pro』です(1月発売予定で価格は未定)。従来のiPadとは一線を画す製品となっています。

特徴

  • 12.9インチの大画面ディスプレイ
  • キーボードが着脱可能
  • Apple Pencilによる手書き入力

iPad Proの1番の驚きは何といってもそのサイズです。12.9インチの大画面ディスプレイで、従来のiPadを含むタブレットとは一線を画します。従来のタブレット的な使い方はもちろんですが、PCとしての使い方も意識したコンセプトとなっています。

Apple発表会with Microsoft Microsoftのデモ

発表会ではMicrosoftが登場して、iPad Pro上でExcelやPower Pointをマルチに起動して操作するデモが行われました。

20150910_5 Apple Pencil

そしてもうひとつの注目が、キーボードの着脱です。AppleがiPad Proのために専用のSmart Keyboardを開発し、iPadに装着してキーボード入力を可能としました。従来もサードパーティーから同様なキーボード製品が販売されていましたが、Appleが発売したことでiPad ProをタブレットPCのような位置づけにしたいことがうかがえます。

また、Apple Pencilというスタイラスの登場で、手書き入力による操作や描画を可能にしています。Apple Pencilでは傾きと筆圧の両方を感知しますので、細かな表現から筆のような大胆な表現などさまざまな表現を可能にしています。

iPad Proまとめ

iPad ProではタブレットPCのように、iPad上で資料の作成やデザインの編集などができることを想定した製品となっています。MicrosoftのSurface Proが同様のコンセプトで人気が出たように、今回のiPad ProもタブレットPCの位置づけとして人気が出そうです。

iPad ProでもCellularモデルとして3GやLTEに対応したモデルが予定されていますので、格安SIMと連携させて運用できそうです。特に最近の格安SIMではシェアプランで1契約で2枚のSIMカードと契約できますので、お得にスマホとiPadの2台運用もできる環境となっています。

おわりに

いよいよiPhone6s & iPhone6s Plusが正式発表 & 発売日・価格が決定しました。新機能も搭載され、今までと同じように人気の端末となることは間違いなさそうです。iPhone6s/Plusに関する大手キャリアのプラン情報はまだ発表されていませんが、予約が開始される9月12日あたりには各社のプランなどが発表されると思います。

格安SIMとしてはSIMロックに関する情報が興味深いところですが、この件に関しても各社の情報が出そろった時点でまとめたいと考えています。

関連記事

他の関連記事