メニュー

格安SIMシェア調査 『OCN モバイル ONE』『楽天モバイル』『IIJmio』が上位

いろいろなグラフ

MMD研究所が格安SIMに関する調査をまとめました。

格安SIMに関する調査

MMD研究所は格安SIMに関して次のような調査を発表しました。

2015年8月の調査をもとにして、次の内容について調査データがまとめられています。

  • 格安SIMのシェア
  • 印象に残る格安SIMのテレビCM
  • 格安SIMの購入方法
  • iPhone6sへの興味

今回のニュースでは『格安SIMのシェア』について取り上げてみたいと思います。

格安SIMのシェア

格安SIMのシェア

調査では格安SIMを利用しているユーザー男女1,111人に対して、どの格安SIM(MVNO)を利用したのかをたずねた結果となっています。上位3位までは次のような順序となっています。

  1. OCN モバイル ONE 20.1%
  2. 楽天モバイル 12.4%
  3. IIJmio 11.2%

OCN モバイル ONEがシェアでは1位となっています。続けて2位に楽天モバイル、3位にIIJmioという結果になっています。データではBICSIM(7.4%)・イオンモバイル(4.6%)が別々でカウントされていますが、IIJmioの店舗用の系列SIMと考えるとIIJmio系としては23.2%という結果となり、OCN モバイル ONEを追い越して1位という結果になります。

今までもOCN モバイル ONEとIIJmioの2つが業界をけん引する形で大きくシェアを獲得していましたが、今回のデータでもそれが現れた形となりました。

さらに注目したいのが、楽天モバイルやDMM モバイルなどの最近新しく格安SIMへ参入してきたMVNOです。特に、楽天モバイルは2014年10月29日にサービスを開始して1年足らずでシェアのトップ争いに食い込んできました。

追記: 2016年6月の格安SIMシェア調査

2016年6月の格安SIMシェア調査をまとめた記事を作成しました。より新しい調査データが気になる人はチェックしてみてください。

おわりに

たくさんの企業が格安SIMへ参入し競争が加速しています。シェアは人気のバロメーターの1つになりますので、お目当ての格安SIMを探す際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル

楽天ポイントが貯まるうれしいサービス。5分かけ放題プランも登場です!

月額料金

データSIM525円~

通話SIM1250円~

データ容量0GB・3.1GB・5GB・10GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

楽天モバイルのここがおすすめポイント

  • 楽天ユーザーにはうれしい楽天ポイントの連携があります。さらに楽天市場のポイントが2倍の特典も!
  • 格安SIM業界で急速にシェアを伸ばしていて、今勢いのある格安SIMです。
  • 5分かけ放題のオプションが登場し、通話サービスに定評のある格安SIMです。

楽天モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.1

料金4.5

通信3.9

通話4.3

サポート3.7

満足度4.4

女性

楽天モバイル 女性 30代

料金4

通信3

通話5

サポート4

満足度4

キャリアスマホに比べて圧倒的に安く、しかもデータ容量も多く使用できているため基本的には満足していますが、店舗が少ないため北海道在住の私は郵送受け取りとなりました。それにより切り替えの際にスマホを使用できない期間があったため困りました。

男性

楽天モバイル 男性 30代

料金4

通信3

通話3

サポート3

満足度4

私はあまり電話機能を使っていなかったのと、メール機能もラインをメインで使っていたので、料金が6000円ほど安くなることが一番良かったです。使ってみてもあまり不便なく使えてる点は格安SIMで非常に満足しています。

関連記事

他の関連記事