メニュー

iPhone5sを格安SIM & SIMロック解除でテザリングしてみました

テザリング

iPhone5sを『格安SIM & SIMロック解除(SIM下駄)』の組み合わせでテザリングをするという記事です。

SIMロック解除(SIM下駄)でテザリング

管理人はSoftBankのiPhone5sをSIMアダプター(SIM下駄)を使ってSIMロック解除した状態で使っています。具体的なやり方については下記の記事に書きました。

上記のままではテザリングができない状態だったので、今回はテザリングを使う方法を紹介したいと思います。

以下のお話は、SIM下駄の時と同じように自己責任になりますのでご注意ください。

まずはiPhoneの使用状況の整理

格安SIMをセット

テザリングを始める前に、管理人のiPhone5s関係の使用状況をまとめておきます。

iPhone5sの使用状況
端末 iPhone5s SoftBank
iOS iOS 8.3(12F70)
SIM下駄 R-SIM10
格安SIM DMM モバイル 通話SIMプラン 1GB
3Gデータ
3G通話
4Gデータ △(まれに圏外病発生)
4G通話
テザリング × →

SIMロック解除した時からiOSなどのバージョンは変わっていません。SoftBankのiPhone5sと格安SIM(DMM モバイル)とSIM下駄(R-SIM10)の組み合わせで、上の表のような使用状況となっています。

今回の記事のメインとなるテザリングに関しては”×”で利用できない状況です。これを”o”に変えるのが今回の内容です。

テザリングができるまでの流れ

テザリングができるようになるまでの大まかな流れは次のようになります。

  1. 脱獄(Jailbreak)
  2. TetherMe($4.99)の導入

まずはiPhoneの脱獄(Jailbreak)です。脱獄はiPhoneのハッキングツールで、今回のテザリングのような非公式アプリが使えるようになったりします。脱獄したiPhoneはAppleやキャリアのサポート対象外となりますので、その点にはご注意ください。(SIM下駄を使っている時点ですでにサポート外ですがw・・・)

続けて、テザリング用のアプリ『TetherMe』をインストールします。こちらは$4.99と有償アプリとなります。

以上の2つの手順で、格安SIM & SIM下駄運用でもテザリングができるようになります。

それでは、それぞれについて詳しく紹介したいと思います。

脱獄(Jailbreak)

Cydia

脱獄自体は上で触れたように、iPhoneをハッキングするツール・方法です。非公式のアプリを導入したり、システムを変更したりと通常のiPhoneではできないことができるようになります。

ただし、Appleやキャリアのサポートが受けられないのはもちろんですが、iOSのバージョンアップに対応できない場合があったり、使えないアプリが出てくる可能性もあることに注意が必要です。

なので「リスクは承知だけどテザリングをしたいよ」という人だけ作業を進めてくださいね。

iPhoneの脱獄に関しては、下記のサイトがとても参考になりましたので、そちらを見ながら進めてみてください。

脱獄作業の前に、脱獄しても以前の状態に戻れるようにバックアップはしておきましょう

iTunesのインストールやバージョンが問題なければ、脱獄自体は20分足らずで終わると思います。脱獄が無事完了すると上のようにiPhoneの画面に『Cydia』というアイコンが追加されたと思います。

次からはこのCydia上で作業を進めていくことになります。

TetherMe($4.99)の導入

TetherMe for iOS8+
(あんこパイはご愛嬌)

iPhoneの脱獄が無事完了すると、続いてはテザリング用のアプリ『TetherMe』の導入です。ここではiOS8用を使うことにします。iOS4-7用もありますので、お使いのiOSに合わせて導入してください。

テザリングアプリは他にも『MyWi』や『PdaNet』というのがあるようですが、管理人は『TetherMe』を使うことにしました。

テザリングアプリ
アプリ名 料金 特徴
TetherMe $4.99 安い
MyWe $19.99 有名。細かい設定もできる
PdaNet $15.95 無償版はhttpsにアクセスできない

手順

次にTetherMeを導入する手順です。管理人は今回初めて脱獄しましたので、その時の流れを書きます。

  1. Cydiaの起動 & ログイン
  2. 更新情報 → リフレッシュ
  3. 検索 → 『TetherMe』を検索
  4. TetherMeの購入(Paypalで)
  5. TetherMeのインストール

まずは先ほど脱獄してインストールしたCydiaを起動します。起動すると次のようなホーム画面になります。

Cydiaホーム画面

ホーム画面の「アカウント管理」からCydia用のアカウントを作ってログインします。FacebookかGoogleのアカウントでログインできますので、お好みの方法でログインします。

次に画面下のメニュー「更新情報」から画面左上の「リフレッシュ」を押して情報を新しくします(これをしないと検索画面でTetherMeが見つかりませんでした)。

TetherMe検索画面

メニューの検索アイコンから『TetherMe』と入力すると、上のような画面でiOS8版とiOS4-7版が見つかると思います。今回はiOS8版を入れることにしますので、そちらをクリックします。

TetherMe for iOS8+

すると『あんこパイ』のページになります・・・。というのは冗談で、TetherMeのアプリ説明画面になります。「パッケージを購入 $4.99」となっていますので、これをクリックします。
(あんこパイは先日管理人がマクドナルドでクーポンを使ったことに関連した広告です。念のため)

TetherMe購入画面(Paypal)

上の画面のようなPayPalを利用した支払いの画面になりますので、PayPalにログインして支払を済ませましょう。管理人の場合は$1 = 124円計算で$4.99(621円)をクレジットカード経由のPayPalで支払いました。

購入手続きが無事完了すると、インストールができるようになります。右上のインストールボタンを押すとキューにインストールが予約されます。しばらくするとダウンロードが完了してインストール作業が行われます。(途中で黒い画面のターミナルに切り替わって各アプリがダウンロード&インストールされます)

iPhoneが自動的に再起動されますので、いつものように起動からのiPhoneのホーム画面に遷移すると思います。TetherMeのインストール確認は通常のホーム画面で「設定」をタップすると次のように『TetherMe』という設定ができるようになっていると思います。(もちろん、Cydia上の「インストール済み」の画面でも確認できます)

TetherMe確認

これが確認できればTetherMeの導入は完了です。

テザリングの設定

TetherMeの設定画面 TetherMeのインターネット共有

ここまでの段階に来ればあとは簡単です。

先ほど導入したTetherMeの設定でテザリングができるようにします。ホーム画面から「一般」→「TetherMe」を選択します。すると上の左側のようなTetherMeの設定画面になります。「インターネット共有」をタップして次の画面で「インターネット共有」をオンにします(上の右側の画面)。このあたりは大手キャリアのiPhoneのテザリング操作と同じ画面になっていますので、とてもわかりやすいと思います。

これでテザリングができる準備が整いました。PCや他の端末からネット接続してみて実際にテザリングができるか確認してみましょう。上の画面のように「インターネット共有:1台接続中」とiPhoneの画面上部の表示からも確認することができます。

Wi-Fi接続はもちろんですが、PCならiPhoneをUSB接続してもネットがつながるようになります。USB接続ならPC経由で充電しながらのネット接続や、iPhoneをルーターとして使うこともできるるようになります。

おわりに

今回は脱獄とTetherMeを使って、iPhone5s(元SoftBank)を格安SIM & SIMロック解除(SIM下駄)でテザリングする方法を紹介しました。

管理人はSIM下駄の圏外病を避けるために普段は3G運用しています。通信速度は1~10Mbps(時間帯によって)程度ですが、ストレスなく使えています。家のWi-Fi環境も3Mbps程度なので(実はADSLなのです・・・)、普段とそれほど変わりない速度で通信することができました。

1つ注意しておきたいのは、iPhoneなどのスマホに比べてPCはデータ量を消費しやすい点です。特にWebサイトはスマホ用にデータを小さくしているところが多いですが、PC向けのサイトはデータ量が多くてあっという間にデータ容量を消費してしまいます。

テザリングでもiPhoneのデータ量を消費していきますので、月々のデータ残量はくれぐれもチェックしておきたいところです。管理人はDMM モバイル 通話SIMプラン 1GBのプランなので、油断するとあっという間に使いきってしまいそうですw

この記事ではiPhone5sでしたが、おそらく他のiPhone4や6などでも使えるテクニックだと思います。格安SIMのテザリングで困っている人がいれば、1度試してみてもいいかもしれませんね(時間を見つけてiPhone4sでも試してみようと思っています)。

こぼれ話

実は管理人はiPhone4sからiPhone5sに乗り換えた理由がテザリング機能でした。大手キャリアでもテザリングがサポートされたのをきっかけに、iPhone5sに移行した経緯があります。当時は旅行や出張でPCを使たり、1人暮らしのネット環境をすべてiPhoneで集約しようとしていました。

iPhone4s当時にも同様な技術はあったようですが、知識不足でiPhone5sへ機種変更することでテザリング運用する方法をとりました。「もし当時に同じことを知っていればiPhone4sのままだったな」などと思いながらこの記事を書きました。

管理人にとってはテザリングが1つのキーポイントだったのですが、iPhone5sの格安SIM & SIM下駄運用でテザリングができてしまいました。なので、新型のiPhone6s関係は購入しない方向になりそうな予感です。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

男性

DMM mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

普段は家にwifiがあるため、それで事足りますが、たまに外で使うときは動画をみることがあるので契約しました。大手とくらべて格段に安いので、月々の支払いに、安心感があるところが一番の良いところだと思っています。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話5

サポート5

満足度5

docomoの電波を使用して繋がりやすいと聞いていましたが、半信半疑でした。しかし、実際にソフトバンクのスマホと同時に持ち歩きましたが、断然docomoの方が電波バッチリでした。今まで電波状況が悪い場所も繋がり、音声もクリア、料金も安く、現在の使用状況や、金額もネットで見れるので安心、DMMでは、使用料金の10%分がポイントとして戻るので、本やDVD、レンタルなど好きな商品が買えるので更にお得なので、格安SIMは大満足です。

関連記事

他の関連記事