メニュー

格安SIMユーザーはiOS 9アップデート前に対応状況の確認を!

iOS9

iOS9がいよいよ配信開始されましたが、格安SIMユーザーは対応状況のチェックをしましょう。

9月16日(日本9月17日)から『iOS 9』が配信されました。

iPhone6s/Plusに先駆けての新しいiOS 9ですが、格安SIMユーザーは注意が必要です。大手キャリアのdocomo,au,Softbank各社では問題ありませんが、格安SIMを提供するMVNOは調査や検証中のところもあり、問題が発生しているところもあるようです。

プロファイル設定(APN設定)にご注意を

トラブルの理由はネットワーク接続に関するプロファイル設定で、格安SIMでは初期設定の『APN設定』や『APNプロファイル』と呼ばれる設定ファイルに関係しています。

DMM モバイルやBIGLOBE LTE・3G、U-mobileなどはiOS 9の配布に先駆けて、iOS 9に対応するプロファイルの配布を始めています。

また、OCN モバイル ONEやIIJmioは新しい対応プロファイルを配布していますが、以前の旧プロファイルではiOS 9が使えないとの注意を促しています。

9月17日の段階では、旧プロファイル(従来のAPN設定のまま)ではiOS 9でトラブルが報告されているところも見かけますので、iOS 9へアップグレードする際には各ご契約の格安SIM(MVNO)の対応状況を確認した上で作業を進めることをおすすめします。

おわりに

多くのMVNOが新しいプロファイルへの移行を推奨していますので、iOS9を使う場合にはくれぐれもご契約のMVNOの対応状況をチェックした上でアップグレードを進めましょう。

関連記事

他の関連記事