メニュー

格安SIMのDMM モバイルを使って4か月が経ちました。感想とかのメモ

DMM モバイル

格安SIMのDMM モバイルを使って4か月経ちましたので、使用状況や料金などを紹介したいと思います。

DMM モバイルで4か月

7月にSofbBankから格安SIMのDMM モバイルへ移行して4か月が経ちました。10月の使用データ量と料金の報告が主な内容になります。

管理人はDMM モバイルの次のプランで使っています。

音声通話付SIMの1GBプランで月々1,260円(税抜)です。高速通信を1GBとすることで低速時の3日間の通信制限にも対応できるようにしています。

使っているスマホはSoftbankのiPhone5sでSIM下駄という方法で使っています。

使用データ量

10月1日のデータ残量 10月31日のデータ残量

左が10月1日、右が10月31日のデータ残量です。10月1日は1,970MB(契約1,000MB+先月繰越970MB)で、10月31日が1,840MBになっています。なので、10月のデータ使用量は130MBとなりました。

データ使用量が130MBととても少ないのは、仕事場や家ではWi-Fi環境を利用しているためで、データ使用量の大半は外出先や移動中に使う程度だからです(管理人は家のWi-Fiでは毎月80GB程度利用するヘビーユーザー?です)。

管理人はWi-Fi環境以外では動画を観ないので、低速通信の200kbpsでも普通に使えています。なので、高速通信のライトプランでもよさそうですが、万が一、3日間の通信制限に引っかかってしまうとほとんど使えない状況になってしまいます。その際に高速通信をONにしてカバーできるように1GBプランと契約しています。このあたりの話については、次の記事に書きました。

11月は10月分の繰り越しデータ(1,000MB)と契約1GB(1,000MB)の合わせて2GB(2,000MB)からのスタートです。

11月1日のデータ残量

料金

11月の使用料金

11月の利用料金は1,387円となりました。基本料金1,360円(税込)にSMSや通話料金が27円分となっています。管理人は自分から電話をかけることがほとんどないので、このようにとても安い料金でスマホ(iPhone5s)が使えています。

ちなみに、7月から10月までの利用料金は次のようになっています。

7月の利用料金 8月の利用料金

9月の料金 10月の使用料金

7月から11月までの利用料金をまとめると次のようになります。

7月から11月までの利用料金まとめ(税込)
利用料金
7月 1,231円
8月 1,362円
9月 1,392円
10月 1,607円
11月 1,387円
合計 6,979円
平均 1,396円

毎月の平均利用料金が1,396円なので、約1,400円で毎月スマホが使えるようになりました。

SoftBank時代は7,500円近くかかっていたので、毎月6,000円(年換算で7万円以上)もスマホ料金が安く使える計算です。

上記の詳細については各月の管理人メモで紹介しています。

DMM モバイルにDMMトークが登場しました

DMMトーク

10月からいよいよ『DMMトーク』が登場しました。

『格安SIMでスマホお得道』のニュースの上の記事で紹介しましたが、『DMMトーク』が10月にサービス開始しました。

DMMトークはDMMトークのアプリをインストールして通話することで、通話料が半額になるサービスです。通常なら通話料金は20円/30秒ですが、DMMトークを使うことで10円/30秒の半額で通話ができるようになります。

DMMトークの料金

最初はAndroidのみのアプリ提供でしたが、10月21日からiOSアプリも提供されるようになりました。左下はDMMトークの起動画面、右は電話をかける画面になります。DMMトークでは、090や080の連絡先の前に『0037-692』という番号を付け加えることで割り引き回線を利用して通話をする仕組みになっています。

DMMトークの起動画面 DMMトークの電話をかける画面

すでにIIJmio(みおふぉん)やU-mobile(U-CALL)など、他のMVNOが先行して通話料半額のサービスをしていて、DMMが1歩出遅れる感じでした。今回DMMトークのサービスが開始したことで、他のMVNOとサービス面でも見劣りがなくなった感じです。

これらの格安SIMで導入されている通話料半額サービスは『中継電話』という技術が使われています。なぜ通話料金が安くなるかについては、先ほどのDMMトークの記事で説明していますので、関心があればチェックしてみてください。

中継電話の仕組み

DMM モバイルは『業界最安値水準』をウリにしていますが、DMMトークが登場したことによってサービスや機能面でもIIJmioの大手と同じように利用できるMVNOになりました。

おわりに

iPhone5sで特に不満はありませんが、Android端末も触ってみたいなと思う今日この頃です。FREETELの『雅(MIYABI)』がそこそこのスペックで19,800円なので、次回入荷時にヨドバシカメラへ行ってチェックしてみたいなと思っています。

来月の感想とかメモ

追記

雅(MIYABI)を購入しました。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

格安SIMに変えて良かった事は、何といっても毎月の料金がぐんと下がった事。キャリアで契約していた時は月7000円程度を払っていたが、現在は毎月1500円程度(通話料が別途加算なのでその分の変動あり)で済んでいる。通信料は毎月必ず掛かるものだから、安ければ安い程良い。また、通信速度も心配していた程遅くなく、混む時間帯に若干感じる程度。通話音質も問題なし。田舎に旅行に行った時も電波が入るので問題なし。ただ、サポートがキャリア程手厚くない為、分からない事を自分で調べて対処出来ない人は不便さを感じるかも。

男性

DMM mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

普段は家にwifiがあるため、それで事足りますが、たまに外で使うときは動画をみることがあるので契約しました。大手とくらべて格段に安いので、月々の支払いに、安心感があるところが一番の良いところだと思っています。

関連記事

他の関連記事