メニュー

MVNOで初めての通話し放題『NifMoでんわ』登場!

NifMoでんわはじまる

NifMoから通話し放題サービス『NifMoでんわ』が登場しました。

MVNOでは初めてとなる通話し放題の『NifMoでんわ』

MVNOでは初めてとなる通話し放題の『NifMoでんわ』がサービス開始しました。

『NifMoでんわ』は月額1,300円(税抜)で電話がかけ放題となるサービスで、MVNO業界では初めての通話し放題サービスとなります。

従来の格安SIM(MVNO)業界では、電話の通話料が20円/30秒と割高となっていて、格安SIMのデメリットの1つとなっていました。IIJmioや最近ではDMM モバイルが通話料が半額(10円/30秒)となるサービスを提供していますが、それでも大手キャリアと比較すると格安SIMの通話料は高い設定となっていました。

NifMoは今回のNifMoでんわを提供することで、基本料金に+1,300円することで格安SIMでも通話し放題という環境を実現することが可能になりました。

NifMoでんわ

NifMoでんわ料金

NifMoでんわをもう少し詳しく見ていきましょう。

NifMoでんわは基本料金に+1,300円という料金設定となりますので、例えば通常の3GBプランと契約する場合は上のイメージのように

  • 基本料金 1,600円(税抜)
  • NifMoでんわ 1,300円(税抜)
  • 合計 2,900円(税抜)

となり、月額が2,900円でデータ3GB + 通話し放題の環境になります。(1,300円は国内のかけ放題で、海外も含めたかけ放題に関しては+2,700円という設定になっています)

NifMo電話は専用のアプリをインストールすると利用でき、まずはAndroid版が利用できるようになっていて、iOS版は準備中となっています(11月2日時点)。

NifMoでんわキャンペーン

NifMoでんわキャンペーン

NifMoでんわは2016年1月31日までスタートキャンペーンとして次の割り引きサービスを実施しています。

  • 期間 2015年10月29日~2016年1月31日
  • 利用開始月は1,300円引き
  • キャンペーン期間中は毎月500円引き

NifMoでんわの促進のために、上記の内容で割り引きキャンペーンを実施しています。詳細については下記をご参照ください。

NifMoでんわの注意点

NifMoでんわ

ただ、1点注意事項があります。それは『NifMoでんわ』はインターネットを利用したIP電話で実現しているサービスとなっていることです。

一般に、IP電話は

  • 通話品質(音声)が悪い
  • 通話が途切れたり、遅延が発生することも
  • データを消費する(1.5MB/3分)

上記の問題点が指摘されています。特に通話品質の問題で、声が聴きとりにくかったり通話が途切れたりする点で敬遠されたりしています。家族や友人との連絡には問題ないかもしれませんが、仕事で使う場合には注意が必要です。

また、番号通知にはインターネットを経由する影響で、『非通知』や『+81』などが相手側に表示される場合があります。NifMoでんわの場合は、SMSで電話通知を相手に送ることでその対策をとっています。

他の類似サービスとして『050 plus』

他の類似サービスとしては050 plusがあります。これはOCN モバイル ONEのNTTコミュニケーションが提供しているサービスで、月額300円(税抜)で加入できます(OCN モバイル ONE加入なら無料or割引)。

『050 plus』もインターネットを利用したIP電話で、加入すると『050』から始める電話番号を1つもらえます。料金は固定電話相手で8.64円/3分、携帯なら17.28円/1分という料金で通話をすることができます。

NifMoでんわと比較すると次のようになります。

NifMoでんわと050 plusの比較
項目 NifMo電話 050 plus
月額 1,300円 300円
通話料 0円 固定8.64円/3分
携帯17.28円/1分

050 plusに関しては下記のニュースでとりあげましたので、興味のある方はそちらもご参照ください。

また、その他のIP電話サービスとして有名なのは次の2つではないでしょうか。

  • LINE
  • Skype

この2つもインターネットを利用した通話が可能で、どちらも専用アプリ同士なら無料で通話ができます。実際にこれらのサービスを利用するとわかりますが、一般の音声通話回線と比較するとIP電話の通話品質が劣ることがわかると思います。

これらの格安SIMの通話サービスに関する内容をまとめた記事を作成しましたので、それぞれの通話サービスを比較したいときはチェックしてみてください。

おわりに

いよいよ格安SIM業界にも通話し放題のサービスが登場しました。格安SIMの1つのデメリットとして『通話料金が高い(20円/30秒)』というものがありましたが、それに対応する形でNifMo電話が登場しました。月額+1,300円で通話し放題は魅力的なサービスではないかと思います。

ただ、IP電話を利用したサービスなので利用者を選んでしまう面もありますが、選択肢が増えたことは格安SIM業界にとってはいいことではないでしょうか。

今後、NifMoでんわを受けて他のMVNOでも通話に関する新しいサービスが登場することを期待できそうです。

NifMo

@nifty会員ならうれしい200円割引! プロバイダー老舗のニフティが提供する格安SIMです。

月額料金

データSIM900円~

通話SIM1600円~

データ容量3GB・5GB・10GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

NifMoのここがおすすめポイント

  • インターネット初期からプロバイダー事業を手掛けるNiftyが運営する格安SIMです。
  • @nifty会員なら月額料金から200円の割引特典があります。
  • NifMoでんわやNifMoプリントなど他社にはないサービスや、ポイントが貯まるバリュープログラムが魅力です。

関連記事

他の関連記事