メニュー

IIJmioから雑誌読み放題サービス『タブホ』始まる

雑誌読み放題『タブホ』

IIJmioから雑誌の読み放題サービスの『タブホ』がスタートしました。

雑誌の読み放題サービス『タブホ』

IIJmioが雑誌読み放題の『タブホ』というサービスをスタートしました。

追記

DMM モバイルでも取り扱いがはじまりました。

タブホは月額500円で、200誌、600冊以上の雑誌が読み放題となるサービスです。iPadやiPhoneのiOS版もしくはAndroid版のタブレットやスマホの専用アプリで雑誌を読むことができます。

IIJmioのオプションサービスとして加入することで、加入から2か月分の基本料金が無料となります。

タブホの特徴

20151117_3 20151117_4

タブホは次のような特徴があります。

  • 雑誌の読み放題サービス
  • 月額500円
  • 200誌、600冊以上
  • オフラインにも対応(ダウンロード可能)
  • 雑誌のバックナンバーも充実
  • マルチデバイス対応(スマホ・タブレット)

1番の特徴は月額500円の定額で雑誌の読み放題となることです。対象の雑誌も上で挙げたように、幅広いジャンルが対象です。さらに、うれしいのがオフライン(ダウンロード)対応で、あらかじめWi-Fiなどで雑誌のデータをダウンロードしておけば外出先でも通信のストレスやデータ消費なく、いつでも雑誌を読むことができます。また、バックナンバーにも対応とのことで、読みたい雑誌を読み逃すこともありません。

マルチデバイス対応ということで、スマホ・タブレットのどちらにも対応し、さらにiOSでもAndroidでも専用のアプリで雑誌が読めるようになっています。

タブホの扱う雑誌

20151117_2

雑誌は経済、芸能、ファッション、レジャーなどいろいろなジャンルが対象となっています。

『週間東洋経済』や『non-no』や『FRIDAY』など幅広い雑誌が対象なので、情報収集という目的はもちろん、ちょっとした時間つぶしにももってこいです。

特に注目なのが『るるぶ』関連の雑誌です。るるぶは国内の旅行や温泉、さらには海外などの旅行を取り扱う雑誌です。タブホはダウンロードにも対応しているので、あらかじめダウンロードしておいて旅先でスマホで旅行情報を確認すれば、雑誌やカタログいらずに手軽に旅行を楽しめます。

おわりに

最近、格安SIMは各社の競争努力から通信や料金のサービスの差が薄まってきました。そして、今回の『タブホ』に見られるような、通信・料金以外の新しいサービスを提供するようになってきています。

スマホはネットにつながることでいろいろなサービスと連携できます。今後も競合との差別化のために、格安SIM各社からいろいろと新しいサービスの提供を期待したいところですね。

IIJmio

IIJmio

格安SIMならIIJmio! 高い技術と実績でユーザーの満足度が高い格安SIMです。

月額料金

データSIM900円~

通話SIM1600円~

データ容量3GB・6GB・10GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

IIJmioのここがおすすめポイント

  • docomo回線とau回線のどちらも選べます。格安SIMのオールラウンダーです。
  • 通話半額『みおふぉん』や5分かけ放題サービスもスタートしました。
  • シンプルな料金体系やユーザーの多さや満足度の高い初心者にもおすすめの格安SIMです。

IIJmioのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.0

料金4.2

通信4.4

通話3.6

サポート3.8

満足度4.2

女性

IIJmio 女性 30代

料金4

通信4

通話3

サポート4

満足度4

安さが一番の魅力です。安いのにスピードは早いですし、音声も綺麗です。もう少し音声の通話料金を格安にしてもらえたらさらに嬉しいです。みおふぉんで1分20円ですので、結構通話料金がかさんでしまいます。でもスカイプやラインで通話すればよいのでそこまで大きな問題にはなっていません。

男性

IIJmio 男性 30代

料金4

通信3

通話-

サポート3

満足度3

IIJIMOでは、みおぽんというアプリを入れることにより、ON・OFFの切り替えができ、スピードを必要な時にはON。文字のみのサイトではOFFという感じで使うことにより、自分で使い分けることができるのがよい。

関連記事

他の関連記事