メニュー

SoftBankが1GBの新プランを発表! 月額4,900円~

SoftBank

SoftBankが1GBの新プランを発表しました。

SoftBankの1GB新プラン

SoftBankが1月7日に1GBの新プランとなる『データ定額パック・小容量(1)』を発表しました。

『データ定額パック・小容量(1)』では月ごとのデータ容量が1GBで月額2,900円となり、通話料と合わせて月額4,900円(スマ放題ライトの場合)となるプランです(※スマ放題の場合は月額5,900円)。昨年の12月にニュースで取り上げた『総務省からの要請』を受けて、ライトユーザー向けのプランが導入されることになりました。

データ定額パック・小容量(1)

プランが利用できるのは2016年4月以降の予定となっています。

総務省からの要請

総務省が要請

総務省から3大キャリア(docomo/au/SoftBank)に向けて要請があったことを、昨年末に取り上げました。

その要請の中身は主に次のような内容となっていました。

  • ライトユーザーや長期利用者向けのプランの検討
  • 端末と通信料金の切り分けの明確化
  • 高額な割り引き補助の見直し

これを受けて、各社が2016年1月中に何らかのアクションを出すように指示が出ていました。

今回SoftBankが導入したデータ定額パック・小容量(1)は、上記要請の1つ目にあたるライトユーザー向けのプランの導入になります。同じ要請がdocomoやauにも出されていますので、おそらく近日中にその2社からも同様なプランが発表されると予想されます。

今回は要請の1つ目に対する動きでしたが、残りの内容についても今月中に何かしらの対応が発表されるとみられています。

格安SIMとの比較

格安SIMのIIJmioの標準的なプラン(下記にご紹介)と今回のデータ定額パック・小容量(1)とを簡単に比較してみます。

格安SIMとデータ定額パック・小容量(1)の比較
項目 格安SIM データ定額パック・小容量(1)
月額料金 1,600円 4,900円
データ量 3GB 1GB
通話料 20円/30秒 最初5分無料
以降20円/30秒
サポート 弱い 強い

格安SIMの魅力は何と言っても料金の安さです。大手キャリアが割安プランとして発表した『データ定額パック・小容量(1)』と比較しても、さらに3,000円以上も月額料金が安くなります。さらに、データ容量に関しても格安SIMの標準プランはだいたい3GBとなっていますので、その点に関しても格安SIMに軍配が上がります。

逆に、格安SIMが劣る点は通話料とサポート面です。通話料でみると、格安SIMは20円/30秒(アプリ利用で10円/30秒)と割高なのに対して、大手キャリアの場合は最初5分間無料となっています。(※スマ放題プランなら月額5,900円で通話無料)

サポート面については格安SIMは大手キャリアのような全国各地のサービスショップがありませんので、相談やちょっとしたトラブルが起こった場合は取り扱いのあるお店(ヨドバシやイオンなど)に行くか自分で解決しないといけません。また、混雑時の通信速度低下も格安SIMの弱みです。

簡単にまとめると

  • 安くしたいなら格安SIM
  • サポート・安心の大手キャリア

おわりに

まずは3大キャリアのうちのSoftBankから新しいライトユーザー向けのプランが発表されることとなりました。料金についても当初予想されていた5,000円プランとほぼ同じ料金となっていて、現行の6,500円(スマ放題2GB)よりも1,500円以上割安となるプランとなっています。

今回はSoftBankでしたが、docomoやauも同様なプランが発表されると思いますので、大手キャリアを利用するライトユーザーにとってはうれしいニュースとなりますね。格安SIMと比較するとまだまだ料金は高い設定ですが、学生や一般のライトユーザーにとっては大手キャリアの値下げは大きなニュースになりそうです。

今回のニュースを受けて、格安SIM業界にも何らかの動きが出てくることを期待して、この記事のおわりにしたいと思います。

番外

楽天モバイルから5分かけ放題サービスが登場しました。

楽天モバイルの5分かけ放題と今回のSoftBankのプランを比較します。

楽天モバイルとデータ定額パック・小容量(1)の比較
項目 格安SIM データ定額パック・小容量(1)
月額料金 2,450円 4,900円
データ量 3GB 1GB
通話料 最初5分無料
10円/30秒
最初5分無料
以降20円/30秒
サポート 弱い 強い

サポート面が劣っている以外はすべて楽天モバイルに軍配が上がります。月額料金は半額という驚きの安さです。さらに、楽天モバイルには『楽天でんわ』という通話半額のサービスがあるので、5分以上の通話になったときにはSoftBankよりも安くなります。

SoftBankショップなどのサービス面に頼らないでOKなら、楽天モバイルの方がかなり魅力的ではないでしょうか。

楽天モバイル

楽天ポイントが貯まるうれしいサービス。5分かけ放題プランも登場です!

月額料金

データSIM525円~

通話SIM1250円~

データ容量0GB・3.1GB・5GB・10GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

楽天モバイルのここがおすすめポイント

  • 楽天ユーザーにはうれしい楽天ポイントの連携があります。さらに楽天市場のポイントが2倍の特典も!
  • 格安SIM業界で急速にシェアを伸ばしていて、今勢いのある格安SIMです。
  • 5分かけ放題のオプションが登場し、通話サービスに定評のある格安SIMです。

楽天モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.1

料金4.5

通信3.9

通話4.3

サポート3.7

満足度4.4

男性

楽天モバイル 男性 30代

料金4

通信4

通話4

サポート5

満足度5

データ通信量が10GBで音声通話がついて月額3197円の低価格なところがとてもが良い。あと音声通話用に「楽天でんわ」というものが用意されていてアプリを経由して電話すると、通話料金が30秒で10.8円になったり、支払料金100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる点もスゴク良い。

男性

楽天モバイル 男性 30代

料金5

通信4

通話-

サポート4

満足度5

通話なしの通信サブとして利用していますが、特段、速度が遅いなどで不満を感じることはほぼありません。朝や夜の特定の時間帯にやや繋がりにくい時が稀にありますが、ストレスを感じるほどではなく快適に利用できています。携帯に比べて利用料金が格段に安いのが大きな魅力です。ただキャリアのメールは使えないのでGメールなどを利用する必要はあります。

関連記事

他の関連記事