メニュー

1GBが480円! DMM モバイルが4月から料金値下げ!

20160320_1

DMM モバイルが4月から基本料金を値下げするというニュースが入りました。

DMM モバイルは4月からの基本料金を値下げします。

値下げ対象となるプランは、データSIMの1GB・8GB・15GB・20GB、音声通話付SIMの2GB・5GB・8GB・10GB・15GB・20GBです。

データSIM

20160320_2

音声通話付SIM

20160320_3

表の中で赤い文字のところが、今回値下げ対象となるプランです。注目したいのは、1GBプランが500円を下回って480円となることと、8GB以上のヘビーユーザー向けのプランが軒並み大きく値下がりしていることです。

今回の料金変更は、4月から契約の新規契約だけでなく、既存ユーザーにも新料金が適用されます。

業界最安値水準をかかげるDMM モバイル

DMM モバイル

DMM モバイルは格安SIM事業をはじめてからずっと『業界最安値水準』をかかげてサービス提供していました。

大手キャリアと比較すると、格安SIMは毎月5,000円近くスマホ料金が節約できます。その格安SIM業界において、さらにDMM モバイルは最安値となるように、他社が安いプランを提供すると追随してさらに安いプランを提供します。今回4月からの料金値下げもこれに従った形で、他社に負けない料金プランが新しく設定されました。

既存のDMM モバイルユーザーにも新料金が適用されますので、加入時期によらず常に業界最安値水準で格安SIMが利用できるのが、DMM モバイルの一番の特徴です。

DMM モバイルについて

DMM mobielの詳細については、『格安SIMでスマホお得道』の次のページで紹介しています。

DMM モバイル全般について簡単に紹介していますので、DMM モバイルの特徴が知りたい方はチェックしてみてください。

さらに、『格安SIMでスマホお得道』では、たくさんある格安SIMの中でも『安さ』を優先したいユーザーにはDMM モバイルをおすすめしています(格安SIMだからとにかく安く!安く!安く!)。理由は、上で紹介したように、常に格安SIM業界で基本料金が最安値となるように料金プランを変更しているからです。「DMM モバイルで契約 = 業界最安値水準」がいつも成立しているので、他の格安SIMの価格をチェックしなくても最安値なので、いつもお得感がありますね。

DMM モバイルの回線は最大手のを利用しているので、付随する機能やサービスもIIJmioとほぼ同等レベルなのもユーザーにとってはうれしい点です。例えば、データの繰り越しやバースト機能もありますし、最近では音声通話が半額でできる通話アプリ(DMMトーク)や、自宅から即日MNPで電話番号が同じまま移行できる仕組みも整いました。

DMM モバイルの唯一の欠点を挙げるならWeb申し込み限定ということです。他の格安SIMは大手家電で取り扱っていたり、店舗販売しているところもありますが、DMM モバイルはWeb限定という制限があります。これは、料金を安くするために、サービスショップや店舗を持たないことの裏返しでもあります。

おわりに

管理人もDMM モバイルを利用しています。

もともとはSoftBankでiPhoneを使っていましたが、去年の7月頃から格安SIMへ乗り換えました(このあたりは管理人ひとり言で触れています)。その時、初めての格安SIMだったのですが、契約したのは今回紹介したDMM モバイルでした。

乗り換える前はSoftBankのiPhoneだったので毎月7,500円くらいのスマホ料金がかかっていました。それをDMM モバイルへ乗り換えてからは、毎月1,500円かからない状況で、今では8カ月使い続けています。乗り換えで毎月6,000円近く安くなったのが一番のメリットですが、デメリットはそれほど感じていません。というのも、管理人は自分から通話をほとんどしないので、格安SIMのデメリット『通話料が高い』という部分がほとんど関係ないからです。

また、『混雑時の通信速度が気になる』というユーザーもいらっしゃるかもしれません。これに関しては、管理人の場合、動画などの通信速度が必要な使い方を外出中にしないので(まとめサイトのチェックや地図の検索など)、ストレスをほとんど感じません。LINEの音声通話やradikoの音楽通信程度であれば、普通に使えています。

きちんとしたスマホの調査会社が行った通信速度に関するデータについては、こちらの記事を参考にしてください。

Wi-Fiを使えば小さいデータ容量でも大丈夫

他には、家や職場ではWi-Fiも利用できるので、契約しているデータ量も1GBでも十分間に合っています。

「管理人のような使い方でも全然問題ないよ」というユーザーには、格安SIMの中でもDMM モバイルが一番おすすめできます。月間のデータ容量が小さくても大丈夫なら、DMM モバイルなら1GBからプランがあります。

管理人が8カ月使ってみた今でも、『スマホを安く使いたい』というユーザーには、DMM モバイルをおすすめしたいなと思っています。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

男性

DMM mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

普段は家にwifiがあるため、それで事足りますが、たまに外で使うときは動画をみることがあるので契約しました。大手とくらべて格段に安いので、月々の支払いに、安心感があるところが一番の良いところだと思っています。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

格安SIMに変えて良かった事は、何といっても毎月の料金がぐんと下がった事。キャリアで契約していた時は月7000円程度を払っていたが、現在は毎月1500円程度(通話料が別途加算なのでその分の変動あり)で済んでいる。通信料は毎月必ず掛かるものだから、安ければ安い程良い。また、通信速度も心配していた程遅くなく、混む時間帯に若干感じる程度。通話音質も問題なし。田舎に旅行に行った時も電波が入るので問題なし。ただ、サポートがキャリア程手厚くない為、分からない事を自分で調べて対処出来ない人は不便さを感じるかも。

関連記事

他の関連記事