メニュー

iPhone SE登場! 52,800円の4インチサイズでiPhone6s性能

iPhone SEが正式に発表されました。

iPhone SEがいよいよ登場!

20160322_1

新型iPhoneの『iPhone SE』がAppleから正式に発表になりました。

価格は52,800円(16GB)と64,800円(64GB)の2種類で、iPhone5sと同じ4インチサイズのiPhoneとなります。最新のiPhone6s性能の4インチiPhoneと考えてよさそうです。

Appleは「スマホが初めてのユーザーは小型を望む人が多い」とのことで、iPhone6系の5インチサイズではなく、小型の4インチとした最新モデルをリリースすることになりました。予約は3月24日からで、発売は3月31日からを予定しています。

iPhone SEとその他のiPhone比較

iPhone SEとその他のiPhoneの代表的なスペックを比較します。比較するモデルは同じ4インチのiPhone5s、最新モデルのiPhone6sとiPhone6s Plusです。ちなみに、iPhone 5sは今回のiPhone SEの登場により、販売終了となっています(Appleストアの取り扱いなし)。

iPhone SEとその他のiPhone比較
項目 iPhone SE iPhone 5s iPhone 6s iPhone 6s Plus
価格 52,800円(16BG)
64,800円(64GB)
58,800円(16GB)
64,800円(64GB)
86,800円(16GB)
98,800円(64GB)
110,800円(128GB)
98,800円(16GB)
110,800円(64GB)
122,800円(128GB)
サイズ
(mm)
4インチ
123.8×58.6×7.6
4インチ
123.8×58.6×7.6
4.7インチ
138.3×67.1×7.1
5.5インチ
158.2×77.9×7.3
カラー シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
解像度 1136×640 1136×640 1334×750 1920×1080
CPU A9 + M9 A7 + M7 A9 + M9 A9 + M9
カメラ(メイン)
カメラ(サブ)
1200万画素
120万画素
800万画素
120万画素
1200万画素
500万画素
1200万画素
500万画素
3D Touch なし なし あり あり
Live Photos あり なし あり あり
動画撮影 4K(30fps)
1080p(30/60fps)
1080p(30/60fps) 4K(30fps)
1080p(30/60fps)
4K(30fps)
1080p(30/60fps)
電源ケーブル Lightningケーブル Lightningケーブル Lightningケーブル Lightningケーブル

上の比較表をご覧いただくとわかるように、iPhone SEはほぼiPhone6sと同じ性能の4インチiPhoneと言えます。iPhone SEがiPhone 6sより劣っている点は、「3D Touchが搭載されていない」くらいです。

大きさはiPhone5sと全く同じなのですが、ボタンの位置が若干異なるとの話もありますので、同じケースがそのまま使えるかは実際の端末でチェックした方がよさそうです。

20160322_2

また、細かいポイントですが、iPhone SEのいい点として「カメラが出っぱっていない」のも挙げられるかもしれません。意外とiPhone6系にしない理由に『カメラの出っぱり』を挙げるユーザーもいますので、これは評価できるポイントになりそうです。

iPhone SEはこんなユーザーにおすすめ

今回登場したiPhone SEは、iPhone 6sと同程度の性能で5万円台で購入できるのが大きな魅力です。さらに、iPhone 6sは4.7インチと片手で操作したりポケットに入れるには少し大きいのに対して、iPhone SEは4インチサイズなので手軽に使えるのも特徴のひとつです。

これらを考えて、今回のiPhone SEをおすすめできるのは次のユーザーです。

  • iPhone5sから乗り換え
  • 4インチの小型iPhoneが欲しい
  • 安いSIMフリーiPhoneが欲しい
  • スマホがはじめて

iPhone5sのサイズが気に入っているユーザーや、小型で片手で操作したユーザーには今回のiPhone SEがうってつけです。iPhone 6系はサイズが大きいので敬遠したユーザーも結構いましたので、これを機会に乗り換えるユーザーも多そうです。

格安SIMユーザーにおすすめ

格安SIMを使うためにSIMフリースマホを探しているユーザーにもiPhone SEはおすすめできます。というのも、iPhone6系のSIMフリーモデルは新品なら10万円近くするのですが、iPhone SEなら新品で5万円台という半額近くで購入できるからです。今までは最新のSIMフリーiPhoneは高価でしたが、iPhone SEは比較的購入しやすい価格での登場となりました。格安SIMを使いたいユーザーはスマホ料金を下げるのが目的の人が多いと思いますので、iPhone SEはSIMフリー端末になりそうです。

さらに、Appleが言うように「スマホがはじめてのユーザーは小型端末を希望する傾向」がありますので、「iPhoneを使ってみたい」というスマホ初心者にもおすすめできると思います。

次のページでは、iPhone 6sとiPhone SEを取り上げて、iPhone SEは大手キャリアよりも格安SIMの方がお得になる話を紹介しています。

64GBのモデルがおすすめ

16GBと64GBの2種類がありますが、基本は64GBがおすすめです。その理由は次の2点です。

  • iPhoneには外付けSDカードが使えない
  • カメラや動画撮影の性能向上でデータ量をより多く消費する

まず第一に、iPhoneはいずれの端末・モデルも外付けSDカードが使えません。ガラケーやAndroidのスマホは、外付けSDカードにデータを移すことでデータのやりくりができますが、iPhoneはこれができません。AppleはiCloudというクラウドサービス(ネット上のデータスペース)を使うことを想定していますが、そのデータ容量もそれほど大きくはなく、5GBを超えると有料となってしまいます。

そのため、16GBの小さい容量のモデルだと、写真や音楽、アプリを入れていると気が付いたらすぐに容量いっぱいになってしまいます。16GBは初心者というよりも、データのやりくりが上手な上級者向けのモデルと考えた方がいいと思います。

また、iPhone5s当時でも16GBよりも64GBはおすすめと言われていましたが、iPhone SEはその当時よりもハードウェアやソフトウェアのスペックが向上しているので、当時よりもさらにデータ容量の消費が激しくなっています。特に、写真などは1枚あたりのデータ量が増えているだけでなく、Live Photosという前後の動作を切り取る使い方など、便利になる反面、データ消費が増々大きくなっています。

上のような理由から、データ容量の大きい64GBのモデルをおすすめしたいと思います。安い16GBは魅力的ですが、「自分でデータ容量をコントロールできる」というユーザーでなければ、64GBモデル一択だと思います。

iPhone SE

iPhone SE

基本情報

価格
52800円(税抜)
メーカー
APPLE
OS
iOS9
ディスプレイ
4.0inch
シルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールド
スペック
CPUA9
RAM不明
ROM16GB/64GB
画面4.0inch / 1136x640
カメラ1200万画素 / 120万画素
外部メディアなし
大きさ123.8x58.6x7.6
重さ約113g
バッテリー不明
SIMnanoSIM

おわりに

いよいよ4インチ版の新型iPhoneのiPhone SEが登場しました。実は管理人もこの端末をずっと待っていました。というのも、iPhone6sも欲しかったのですが、思ったほど魅力を感じなかったことと、当時から小型の新型iPhoneが噂されていたからです。(いよいよiPhone6sの情報が出ましたね)。そして、今回その噂が形となっていよいよ発表されました。

管理人はiPhone5sをずっと使っていたので(最近はMIYABIですが・・・)、とうとう欲しいiPhoneが登場したと感じています。SIMフリー版としても52,800円(16GB)、64,800円(64GB)という価格ならなんとか購入できる価格かなと思っています。

iPhone SEとiPhone 5sで比較してみるとCPU性能の向上が大きく感じます。逆に、それ以外はそれほど使い勝手は変わらなさそうな感じです。管理人はスマホゲーや処理速度を必要とする使い方はありまりしないので、ひょっとするとiPhone SEまでの性能は不要かもしれません。というか、iPhone5sが使いやすくていいモデルなので、5,6万円かけて買い替えるかというと、迷ってしまいそうです。

とりあえず、月末にはiPhone SEが発売されますので、実際のお店で触ってみてから考えたいと思います。

関連記事

他の関連記事