メニュー

使い放題(200kbps)で月額298円のロケットモバイル登場! 他の1コイン格安SIMや使い放題と比較してみました

ロケットモバイル

格安SIMで少し話題のロケットモバイルを紹介します。

「神プラン」ありのロケットモバイル登場

『神プラン』という名前もあってか、少し話題の格安SIM『ロケットモバイル』が登場しました。

まずは、ロケットモバイルの特徴を3つ挙げます。

  1. 使い放題の神プランは月額298円(200kbps)
  2. 通信料金に使えるロケモバポイント
  3. 2016年7月から通話付のプランが登場

注目は使い放題の神プランです。通信速度が200kpbsですが、月額298円で使い放題が魅力です。後半に、神プランを含めた1コイン価格の格安SIMを比較したいと思います。

2つ目のロケモバポイントは、ロケットモバイル内で作業をするともらえるポイントで、月額料金の支払いに利用することができます。詳しくは マンガでロケモバポイントの説明があります。

ロケットモバイルは、現時点(2016年5月)はデータSIM(とSMS付SIM)のみの対応で、通話プランは2016年7月に登場予定となっています。

ロケットモバイルは安さに注目

ロケットモバイルはMVNEにソネット(So-net)を利用し、とにかく月額料金の安さをウリとしている格安SIMです。

2016年8月以降には、通話かけ放題や通話割引サービスなどを予定しているとの情報も出ています。

追記: 通話プラン正式に登場しました

ロケットモバイルの料金プラン一覧

2016年7月25日に正式に通話プランも登場しました。2GBプランも新登場し、ロケットモバイルのプランは上のラインアップとなりました。

業界最安値水準をウリとするDMM モバイルよりもさらに割安になっていますので、格安SIMで1番の安さを考えるならロケットモバイルも選択候補です。

ロケットモバイルは未知数なのが注意点

ロケットモバイルは実績が未知数なので、通信速度や細かいサービスなどがどの水準なのかがわかりません。また、3日間の通信制限がありますので(例.1Gプラン360MB/3日間)、思ったほどデータ通信ができない可能性があるのも注意が必要です。

以降では、特に注目ポイントの『神プラン』を中心に、他の1コイン格安SIMや、その他の使い放題プランとの比較を紹介していきます。

ロケットモバイルの神プランとは

ロケットモバイルの料金プラン

まずは今回新しく登場したケットモバイルの料金プランと神プランの紹介です。

上の表のように、ロケットモバイルでは大きく分けて、神プランとそれ以外の定額容量プランがあります。神プランとそれ以外のプランの違いは通信速度です。神プランは200kbpsと低速通信でデータ容量が使い放題なのに対して、それ以外のプランは高速通信ですがデータ容量に制限があります。

神プラン以外のプランは、他の格安SIMとそれほど違いはありませんので、ここからは神プランを中心に取り上げていきます。

神プラン

神プランが格安SIM業界で少し話題になっている理由が、次の2つです。

  • 月額298円
  • 使い放題

最初の注目ポイントは、月額298円という安さです。格安SIMの中では、0 SIMに次ぐ安さだと思います。さらに、その安さで『使い放題』というのが、格安SIM業界で少し話題となっている理由です。

そこで、1コイン(500円)の価格帯で「どのような格安SIMがあるの?」という視点で、ロケットモバイルの神プランと、それ以外の格安SIMとを比較してみます。

1コインの格安SIMで比較

ロケットモバイル自身も価格に自信があるので、次のような他社との料金比較表を載せています。

ロケットモバイルと他社の料金比較

ここでA社と紹介されているのはDMM モバイルの『ライトプラン』、B社はFREETELの『使った分だけ安心プラン』、C社は楽天モバイル の『ベーシックプラン』と料金表示から推測できます。

ここにワイヤレスゲートの『480円プラン』と0 SIMを加えて、1コインの格安SIMを比較してみます。

項目 ロケットモバイル DMM モバイル FREETEL 楽天モバイル ワイヤレスゲート 0 SIM
プラン名 神プラン ライトプラン 使った分だけ安心プラン ベーシックプラン 480円プラン 0 SIM
月額料金 298円 440円 299円 525円 480円 0円
データ容量 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 500MB
通信速度 200kbps 200kpbs 200kbps 200kbps 250kbps 255Mbps
制限 なし 3日366MB なし なし なし なし
SMS付 +150円 +150円 +140円 +120円 +139円 +150円
MVNE元 So-net IIJmio FREETEL 楽天モバイル ワイヤレスゲート So-net
その他 バースト機能あり 高速通信ONできる 公衆WiFiあり

※いずれのプランも高速通信OFFとしたとき

上の表では、提供している格安SIMとプラン名、月額料金、データ容量、通信速度、制限、SMS付、その他の項目についてまとめています。いずれも1コインの500円前後で格安SIMが利用できます。ロケットモバイルの神プランはすばらしいですが、それ以外の1コイン格安SIMも負けず劣らずのスペックですね。

MVNE元を見てわかるように、ロケットモバイルやDMM モバイルは他社からの回線提供を経由しているのに対して、それ以外は自社でdocomoと直接回線契約をしているのがわかります。このMVNEが速度やスピードの優劣を決めるわけではわりませんが、独自でdocomoから回線調達しているところは、高い技術力と独自のサービスができる余地があることを意味しています。

それぞれの格安SIMの特徴

上に紹介した格安SIMプランの特徴を、それぞれ簡単に紹介します。

ロケットモバイル

月額298円で使い放題が特徴です。まだ登場したばかりで未知数ですが、1コイン価格帯でも最安値の格安SIMです。

DMM モバイル

他と違って「3日で366MBまで」という制限があります。同じ200kbpsでもバースト機能(読み込み最初だけ高速通信)のおかげで、簡単なネット閲覧などは他社よりも体感的に早く感じます。

FREETEL

高速通信をOFFにした低速通信(200kbps)にすると、月額299円で使い放題となります。高速通信ONで利用したデータ量は課金されますが、いざというときに「高速通信ONで通信速度を早くできる」というのがメリットです。

楽天モバイル

通信速度が200kbpsでデータ容量に制限がありません。他と比べて大きなメリットはありませんが、楽天ポイントと連携できるのが特徴です。

ワイヤレスゲート

500円SIMの先駆けです。他よりも速度が250kbpsと少し速いのが特徴です。また、BBモバイルポイントやWi2などの公衆WiFiが利用できます。

0 SIM

So-netが提供する0 SIMは、500MBまで月額料金が無料です。さらに、通信速度も他と違って高速通信(最大255Mbps)です。速度制限のON/OFFができないので、上手に使わないとすぐに500MBを超えてしまいます。どちらかというと、上級者向けの格安SIMです。

1コインの格安SIMのまとめ

今回新しく登場したロケットモバイルの神プランですが、それ以外の格安SIMからも同様な1コインの格安SIMが出ていることを紹介しました。その中でも『神プラン』は、値段や通信に関してもトップクラスになっています。

実は、これら1コインの格安SIMは、通信速度に制限が合ったり(200~250kbps)、使い方によっては月額料金が上がったりしまうので、理解のある上級者向けの格安SIMです。「安いから」という理由だけでこのような格安SIMを選んだ場合、思ったような通信速度が出なかったり、思いがけない追加料金が発生したりしますので、事前にしっかりと情報収集をして失敗しないようにくれぐれもご注意ください。

考え方次第ですが、データSIMなら契約期間のしばりがありませんので、初期費用の3,000円でいろいろ試してみるのも面白いかもしれません。「格安にしたいのに、かえってお金がかかる」という本末転倒になることも多々ありますが・・・。

使い放題に関して

今度はロケットモバイルの使い放題を軸にして、それ以外の使い放題の格安SIMの紹介です。

ここでは、ロケットモバイルの低速通信(200kbps)以外の通信速度の格安SIMを比較・紹介します。

項目 ロケットモバイル ワイヤレスゲート U-mobile ぷららモバイル b-mobile UQ-mobile
プラン名 神プラン Fonプレミアムプラン PREMIUM 定額無制限 高速定額 データ無制限
月額料金 298円 1,556円 2,480円 2,980円 1,980円 1,980円
データ容量 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
通信速度 0.2Mbps 3Mbps 375Mbps 3Mbps 未記載 0.5kbps
SMS付 +150円 +139円 +150円 +150円 0円 0円
その他 公衆WiFiあり au回線

※UQ-mobileはau回線で、それ以外はdocomo回線です。通信速度は単位をMbpsに揃えて優劣を比べ易くしています。

ロケットモバイル以外は1,000円を超えていますが、この理由は通信速度にあります。ロケットモバイルとUQ-mobile以外は高速通信が可能で、高速通信の使い放題となります。表の通信速度は理論上の最大速度なので、実際は数Mbps~数十Mbps程度になります(時間帯によっては1Mbpsを下回ることもあります)。

低速通信(200kbps程度)でよければ先ほど紹介した1コインの格安SIMが候補になりますし、高速通信なら上で挙げた格安SIMが候補となります。数Mbps~3Mbps程度の速度があれば、動画の視聴やネット閲覧もほとんどストレスがありません。

それぞれの使い放題の格安SIMの特徴

ロケットモバイル

とにかく安く使い放題をしたいユーザー向けです。ただ、通信速度が200kbpsと低速なので、動画視聴や快適なネット閲覧はきびしいです。

ワイヤレスゲート

速度上限が3Mbpsの使い放題。BBモバイルポイントやWi2などの公衆WiFiに加えて、Fonも利用可能。月額1,556円程度で中速通信(3Mbps)の使い放題はお得な価格です。

U-mobile

知る人ぞ知る使い放題プランのU-mobile。上限速度にも規定がないので、利用者の少ない時間帯はかなりの速度が期待できます。

さらに、IIJmio回線を利用したPREMIUMプランが登場したので、高速・高品質の通信回線がいいならU-mobile 1択時代になりそうです。

ぷららモバイル

通信速度が3Mbpsで2,980円は、ここで紹介した他社と比較すると見劣りします。光回線との組み合わせなら検討候補になるかもしれません。

b-mobile

元祖格安スマホ・SIMのb-mobileです。通信速度や回線が安定しないという噂が多く、通信速度の上限なども不明で、信頼性に若干不安があります。

UQ-mobile

au回線の使い放題プランがあります。500kbpsなので高速通信というにはきびしいですが、au端末からの格安SIMへの乗り換えなら候補の1つです。

使い放題の格安SIMのまとめ

使い放題プランはヘビーユーザーが回線を占有しがちになるので、回線を提供する企業は敬遠しがちなプランです。その証拠に多くの格安SIMは先ほどの1コインのプランのように、通信速度を制限するなどして、一部のヘビーユーザーが回線の占有をしないようにしています。

ここで紹介した格安SIMは使い放題を提供する格安SIMで、それを特徴としています。さらに、中速から高速通信という条件を付けた場合は次の格安SIMが候補になります。

  • ワイヤレスゲート
  • U-mobile
  • ぷららモバイル
  • b-mobile

高速通信の使い放題ならU-mobileがおすすめ

管理人としては、通話機能も考慮するとU-mobileがおすすめです。というのは、U-mobileは音声通話で半額料金になるU-CALLがあることです。

さらに、新しく登場したPREMIUMプランはIIJmioの回線を利用しているので、高速・高品質な通信ができます。大手キャリアも含めて、高速通信で使い放題ならU-mobileが1番いい選択肢になりそうです。

データ通信のみの使い放題プランの場合は、低速通信でも問題ない人は先ほどの1コインの格安SIMプランが候補になりますし、高速通信ならワイヤレスゲートやU-mobileが候補になります(ぷららモバイルは料金が高いこと、b-mobileは回線に不安があることから候補から外しました)。

使い放題を上手に利用して固定回線の代わりも?

格安SIMは無線通信と回線レンタルという性質上、固定回線と比較するとどうしても速度や安定性の面で劣ってしまいます。ただ、この点を踏まえても、高速通信の使い放題プランでモバイルルーターやスマホのテザリング機能を利用すれば、固定回線をなくして格安SIMに1本化することも可能です。

特に1人暮らしや2台持ちのユーザーは、回線の1本化も一度検討してみてもいいかもしれません。うまく1本化できれば、月々の通信費を3,000円程度に抑えることができるので、検討する価値は十分にあると思います。

おわりに

ロケットモバイル

ロケットモバイルの神プランはかなり魅力的な格安SIMプランです。ただ、「値段と使い放題がすばらしい」と思って飛びつくのは少々危険です。その理由は次の2つです。

  • 通信速度が低速(200kbps)
  • 他にも1コインの同様な格安SIMプランがある

「通信速度が低速」というのは、最初から理解のあるユーザーなら問題ありませんが、今まで大手キャリアや高速通信の格安SIMに慣れたユーザーには、かなり使い勝手が悪くなる可能性があるからです。特に、YouTubeなどの動画をよく見たり、ネットでストレスなく閲覧するには、低速通信(200kbps)は少々きびしいところです。

管理人は「1コインの格安SIMは上級者向け」と考えています。というのも値段が安い反面、通信速度やデータ量などの制約が多く、理解して使わないとストレスになってしまうからです。そういう意味でも、今回のロケットモバイルは上級者向けの格安SIMプランだと思います。

「はじめての格安SIM」とか「初心者なんだけど」という方は、IIJmioをおすすめしたいです。最初は使いやすいIIJmioなどの格安SIMを使って、それでは物足りなくなったユーザーが、ここで紹介した1コインの格安SIMや他の使い放題の格安SIMを検討すればいいと考えています。

IIJmio

格安SIMならIIJmio! 高い技術と実績でユーザーの満足度が高い格安SIMです。

  • 月額900円~
  • 評価

使い放題でおすすめはU-mobile

「使い放題の格安SIMでおすすめは?」というユーザーさんには、管理人はU-mobileをおすすめします。U-mobileがおすすめな理由は、本文にも書いた次の3点です。

  • 高速・高品質なPREMIUMプランが登場
  • 通話付SIMなら通話料半額のU-CALLがある
  • 通話付SIMの使い放題の料金でUSEN聴き放題のUSEN MUSIC SIMがある

使い放題プランとしてのU-mobileはb-mobileやぷららモバイルよりも知名度は低いですが、上のようにかなり魅力のある格安SIMです。

特に、高速通信のできる使い放題プランを上手に利用すれば、固定回線をなくして格安SIMの1本化にできる可能性も出てきます。1人暮らしや2台持ち、モバイルルーター持ちのユーザーは検討したり、実際に利用してみるのもおすすめです。特に、データSIMなら契約期間の縛りがないので、いつでも好きなタイミングで解約できますので、実際に使ってみて通信速度や電波状況などのを試してみる価値は十分あります。

使い放題や1コインの格安SIMはどちらかと言えば、ヘビーユーザーや上級者向けですが、上手に利用すればかなりお得なスマホ生活が送れますので、1度は検討してみたいものですね。

U-mobile

使い放題プランが魅力的です。データ容量を気にしたくないならココで決まりです

月額料金

データSIM680円~

通話SIM1480円~

データ容量1GB・3GB・5GB・使い放題
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

U-mobileのここがおすすめポイント

  • U-mobileの1番の特徴は使い放題プランです。ヘビーユーザーやデータ量を気にしたくないユーザーにうってつけです。
  • USEN MUSIC SIMなら月額2,980円でネット使い放題だけではなく、USENの音楽も聞き放題です。
  • U-CALLを使えば音声通話の料金も半額で利用できます。

U-mobileのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.0

料金5.0

通信4.0

通話3.5

サポート3.0

満足度4.5

男性

U-mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話3

サポート3

満足度4

格安SIMのよかった点は、なんといっても通信料金を下げられるということです。悪かった点は、通信速度がやはりキャリヤのものより遅く以前見れていたインターネット放送がみれないということです。通話などが多い方は格安SIMは向かないと思います。

女性

U-mobile 女性 30代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

ドコモからu-mobileに変えました。データ通信も、音声通話の質もドコモの時と変化を感じず、利用料金が大変安くなり満足しています。機種の補償の部分が心配だったので、補償サービスをつけていますが、それでもドコモの時と比較したらかなり安いです。

関連記事

他の関連記事