メニュー

IIJmioからも通話かけ放題オプション登場! 月額+830円で5分かけ放題

IIJmioの通話定額オプション

IIJmioからも通話かけ放題のオプションが登場します。

IIJmioの通話かけ放題

IIJmioが通話かけ放題オプションを開始するとアナウンスしました。

月額+600円で3分まで(家族間は10分まで)、月額+830円で5分まで(家族間は30分まで)の通話が無料になるオプションサービスです。先行する楽天モバイルの5分かけ放題と同様なサービスとなっていて、格安SIMの弱みである高い通話料(20円/30秒:みおふぉんで10円/30秒)を解消します。

このサービスは2016年9月1日からのスタートを予定していて、8月3日から先行受付を開始します。8月31日までは先行受付キャンペーン期間となっています(後述)。

昨日はOCNモバイルONEの5分かけ放題サービスイオンモバイルの050電話かけ放題のニュースを取り上げたばかりのところに、今回のIIJmioのニュースが飛び込んできました。

また、IIJmioをMVNEとしているBIC SIMも今回の通話かけ放題オプションが提供されます。

IIJmioの通話かけ放題の特徴

お得な2つのかけ放題

今回アナウンスされたIIJmioの通話かけ放題の特徴は、通話定額で3分(オプション名:『誰とでも3分 家族と10分』)または、5分(オプション名:『誰とでも5分 家族と30分』)までの通話が無料となります。

シェアプランを利用した家族間(同一mioID)なら、さらに1回10分または30分までの通話料金が無料です。

IIJmioの通話かけ放題の特徴

  • 通話定額のオプション
  • 3分または5分まで通話かけ放題
  • 家族間(同一mioID)なら10分/30分が通話かけ放題
  • 3分は月額+600円 / 5分は月額+830円
  • 電話回線なので高品質

IIJmioが提供する通話かけ放題は、通話定額となるオプションです。音声通話付SIMと契約した上で、この通話定額オプションに加入して専用アプリの『みおふぉんダイアル』を利用します。

通話のかけ始めの3分または5分までの通話なら、何度でも無料で通話ができます。契約した3分または5分を超えた通話分に関しては、10円/30秒の通話料金がかかります。

IIJmioのシェアプランで家族間(同一mioID)の通話の場合には、オプションが3分なら10分まで、5分なら30分までの通話が無料となります。無料時間を超えた場合には、8円/30秒と若干ですが割安な通話料金となります。

この通話定額オプション料金ですが、3分までのかけ放題なら月額+600円、5分までのかけ放題なら月額+830円のオプション料金が月額料金に追加されます。

ここまでを整理したのが次になります。

オプション名 オプション料金 内容
誰とでも3分 家族と10分 月額+600円 3分までの通話無料
家族間(同一mioID)なら10分まで
誰とでも5分 家族と30分 月額+830円 5分までの通話無料
家族間(同一mioID)なら30分まで

通話定額オプションの通話かけ放題は、電話回線を利用しているので高品質な通話ができます。電話番号も契約したときの090や080が利用できます。

先行受付の期間中ならキャンペーンも

通話かけ放題のスタートは2016年9月1日からですが、8月3日から先行受付が始まります。先行受付期間中(8月3日~8月31日)までは、キャンペーン期間となっていて、通話かけ放題に申し込むとキャンペーンが適用されます。

キャンペーン内容

  • 期間: 2016年8月3日 ~ 2016年8月31日
  • 条件: 通話定額(通話かけ放題)オプションを申し込む
  • 内容:
    新規加入者 → 2016年9月分の通話定額料金 + 通話SIM分の700円が割り引き
    既存加入者 → 2016年10月分の通話定額料金が割り引き

IIJmioの新規加入者、既存加入者にかかわらず、1か月分の通話定額オプション料金(600円または830円)が無料となりますので(新規はさらに700円)、「格安SIMの通話かけ放題を使いたい」という人は、ぜひこのキャンペーンをご利用ください。

下の図は新規加入の場合の料金例をまとめたものです。

新規契約の料金例

IIJmioの通話かけ放題のまとめ

IIJmioには『みおふぉん』で通話料金が半額となる通話サービスを提供していました。そこへ楽天モバイルが5分かけ放題を導入したことで大きくシェアを伸ばし、他の格安SIMには脅威となっていました。

通話かけ放題は格安SIMの大きな特徴になるということで、昨日もこのサイトのニュースでOCNモバイルONEとイオンモバイルの通話かけ放題を取り上げました。そこへ、追随する形で今回のIIJmioの通話かけ放題のニュースが入りました。

IIJmioは通話サービスはもちろんですが、データ通信でも信頼性が高く通信が安定しているということで、ユーザー満足度の高い格安SIMです。

そのIIJmioに5分かけ放題サービスが追加されたことで、他の格安SIMと比べても欠点が全く見当たらなくなりました。料金的にも若干ですが、楽天モバイルより安かったり(楽天モバイルは+850円)、3分までのオプションも選べる点、家族間なら無料通話時間が長い点など、他の格安SIMよりもメリットのある通話かけ放題オプションになっています。

2016年8月3日~8月31日までの先行受付期間ならキャンペーンもありますので、通話かけ放題を格安SIMで使いたい人はぜひチェックしてみてください。

知っ得情報

知っておくとお得な情報で、通話時間に関する次のデータがあります。

日本の平均通話時間 2分25秒

日本の平均通話時間が2分25秒ということで、3分かけ放題のオプションでもまかなえるというデータになります。もちろん平均時間なので、通話時間が大きく超えたり短いものも含んでいます。

IIJmioもこのデータをもとにして3分かけ放題も選べるようにしたと思いますので、もし通話かけ放題オプションを選ぶときには1つの参考としてみてはいかがでしょうか。

日本の平均通話時間

格安SIMのいろいろな通話サービスについて

今回取り上げたIIJmioの通話かけ放題サービス以外にも、格安SIMの通話サービスにはいろいろあります。

  • 通話料金が半額
  • 通話料金が割安
  • 通話料金が固定
  • かけ放題
  • 無料通話アプリ(LINE通話など)

格安SIMの会社によって、上に挙げたような通話サービスがいろいろと提供されています。

これらについてまとめたのが次の記事になりますので、他の通話サービスと比較したりより詳しく知りたいときはチェックしてみてください。

そんなサービスあったの?

おわりに

OCNモバイルONEに続けてIIJmioにも通話かけ放題サービスが登場しました。

楽天モバイルのシェアが急伸する理由の1つが5分かけ放題のオプションだったので、シェア上位のOCNモバイルONEやIIJmioもこれに追随した形となりました。

昨日のOCNモバイルONEの記事を書いた時点では、「近いうちにIIJmioも何かしらの通話サービスを出すでしょう」と締めくくりましたが、まさか翌日にIIJmioから通話かけ放題サービスが発表されるとは思いませんでした。

IIJmioが今回の通話かけ放題サービスを始めたことで、IIJmioにはほとんど欠点がなくなりました。IIJmioには高い技術に支えられた『高品質な通信回線』という基盤がありますので、今回の『通話かけ放題』でさらに魅力がアップしました。

IIJmioは増々おすすめの格安SIMになったと思います。

IIJmio

IIJmio

格安SIMならIIJmio! 高い技術と実績でユーザーの満足度が高い格安SIMです。

月額料金

データSIM900円~

通話SIM1600円~

データ容量3GB・6GB・10GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

IIJmioのここがおすすめポイント

  • docomo回線とau回線のどちらも選べます。格安SIMのオールラウンダーです。
  • 通話半額『みおふぉん』や5分かけ放題サービスもスタートしました。
  • シンプルな料金体系やユーザーの多さや満足度の高い初心者にもおすすめの格安SIMです。

IIJmioのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.0

料金4.2

通信4.4

通話3.6

サポート3.8

満足度4.2

女性

IIJmio 女性 40代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

通信状況は,時々つながりにくく不便に思うこともありますが,常時そのような状況ではないので許容範囲です。残ったデータ量を翌月に繰り越せる点は,他には内サービスで最大のメリットです。また,データ残量がある限りは速度制限がない点も良いです。

男性

IIJmio 男性 20代

料金3

通信5

通話4

サポート4

満足度4

格安SIMのメリット、それはSIMフリーでSIMサイズが合えばどんなスマホにも使えることと3大キャリアでは実現できない値段と2年縛りなどがないところです。ただ、SIMフリースマホは安い物だとスペックが低かったりするのでできることならdocomoのスマホかSIMフリーのiPhoneを用意したほうがいいのかなと思います。ちなみになぜdocomoのスマホかというのは現状格安SIMはdocomoの回線を間借りしているのでdocomoのスマホならなにもせず使いまわせるためです。

関連記事

他の関連記事