メニュー

iPhone SEを買いました。買った理由とかのひとり言

iPhone SEとSIMカード

追記

iPhone SEの設定については、次の記事にまとめまています。

iPhone SEを買いました。

大阪心斎橋のアップルストアまでiPhone SEを買いに行きました。購入したのはiPhone SEの64GBモデルです。

心斎橋のアップルストア iPhone SEの箱

アップルストアで驚いたのは、レジが無くて店員さんがその場でiPhoneのような端末で入力して、在庫を持って来たり精算が終わったことです。なんともアップルらしくスタイリッシュでした。

雅(MIYABI)からiPhone SEへ

ここ半年くらいはFREETELの雅(MIYABI)を使っていましたが、それ以前はSoftBankのiPhone5sを使っていました。

「なぜSEを買ったの?」ということですが、理由は次の3つです。

  • 格安SIMならiPhone SEがお得
  • 雅(MIYABI)よりもiPhoneの方がカメラがいい
  • 4インチが好き

格安SIMならiPhone SEがお得

1番の理由は格安SIMでiPhoneを使う場合、iPhone SEが価格的にお得だからです。大手キャリアと格安SIMでiPhone 6sやiPhone SEの料金的な比較をしたのが次の記事です。

iPhone6sなどのように端末価格が10万円近く高いモデルは割り引き率が大きいので、大手キャリアと格安SIMは2年間の総額で2万円くらいしか変わりません。

ところが、iPhone SEなら5万円近くも格安SIMが安くなります。さらに長期利用すると増々大手キャリアと格安SIMの料金差が開いていき、格安SIMがめちゃくちゃお得になります。

管理人は今回のiPhone SEを5年間は使うつもりで購入しましたので、スマホの端末料金が64,584円(税込)でも問題ないと考えました。

雅(MIYABI)よりもiPhoneの方がカメラがいい

FREETELの雅(MIYABI)もコストパフォーマンス(2万円)がよく、使いやすいスマホでおすすめです。そんな雅(MIYABI)にもカメラの写真写りに若干不満がありました。

カメラ自体の性能は次のようになっています。

スマホ 画素数
雅(MIYABI) 1300
iPhone 5s 800
iPhone SE 1200

「あれ? iPhoneの方が性能が悪いのでは?」と思いますよね。カメラの画素数は雅(MIYABI)の方がiPhoneよりも軍配が上がります。ところが、次の写真を見比べてください(クリックで拡大)。

iPhone5sの花火 雅(MIYABI)の花火

左がiPhone5sで撮った花火で、右が雅(MIYABI)で撮った花火です。

iPhone SEのから揚げ 雅(MIYABI)のから揚げ

こちらは近所のおいしいから揚げ屋さんのから揚げを撮ったものです。左が今回買ったiPhone SE、右が雅(MIYABI)です。

写真は明るさなどは加工せず、データサイズを小さくするために120万画素に縮小しています。

雅(MIYABI)の場合は、コントラストがはっきりしていて色も白(青)が勝っている感じです。それに対して、iPhoneの方が人間が見た感じに近い写真になっています。

この理由はカメラの画素数ではなく、チップやソフトの画像処理の問題だからです。iPhoneの方が人間が自然に見た印象になるように画像を加工しているようです。

天神祭りに行ったときに「やっぱり写真はiPhoneやな」と、それがきっかけでその翌日に心斎橋まで直接アップルストアのお店まで行った次第です。

iPhone5sで写真を撮った経験がなければ、雅(MIYABI)でも満足していたと思います。ただ、「イベントなどの写真を大事に残したい」という想いもあって、あらためてiPhoneを選びました。

こちら↓の方も同じ感想を持っていたようです。

追記: Live Photosに感動

iPhone 6sが出たときに店頭のデモ機でLive Photosを試したことがありました。その時は全然よさがわからなかったのですが、淀川花火大会でiPhone SEで花火を撮ったときにLive Photosのよさに感動しました。

花火

管理人はカメラが下手くそなので、花火が開く瞬間をきれいに撮るのはとても難しいのですが、Live Photosなら上のようにきれいな花火をカメラで撮ることができました。

もちろん、動画撮影も両立すればいいのですが、思いがけずに撮った写真に動きがあるととても感動できることに気が付きました。店頭のデモ機と違って、自分の体験や感動を残したいときはLive Photosはとてもいい機能かもしれませんね。

4インチがいい

雅(MIYABI)とiPhone SE

雅(MIYABI)は5インチのAndroidで、画面が大きくて見やすいスマホでした。ただ、片手操作になるとどうしても操作しずらい印象が残りました。あと、胸ポケットやズボンポケットに入れたときに、スマホの圧迫感も少しありました。

画面の見やすさを考えると5インチがいいと思いますが、管理人の場合は持ち運びや片手の操作なら4インチの方がしっくりきました。iPhone6sやもうすぐ発売されるiPhone7が候補に無かったのもこれが理由です。

iPhone 6sが出た時も「iPhone 6c(実際にはiPhone SEでした)が欲しい」と記事を書いたように、管理人はやっぱり4インチが好きな大きさです。

スマホの大きさの良い悪いは人によりますので、これに関しては個人的な意見という感じですね。(スマホに慣れると大型化を好む傾向があるようですよ)

これからはiPhone SEがメインのスマホ

雅(MIYABI)はとてもコスパのいいおすすめのスマホです。ただ、管理人にとってそれ以上にiPhone SEが魅力的だったという感じです。

iPhone 5sもSIM下駄で使うこともできましたが、購入してから3年近く経っていたので、バッテリーの寿命や性能の将来性を考えてiPhone SEに乗り換えることにしました。

また、iPhone SEはアップルストアでSIMフリー端末として購入したので、格安SIMがもちろん使えます。アップルストアで買ったiPhoneなら、大手キャリアのような2年縛りや半年間のSIMロックもないので、SIMフリースマホの端末としてもおすすめできます。

おわりに

iPhone 5s → 雅(MIYABI) → iPhone SEとまたまたiPhoneへ戻ってきました。この半年はほとんど雅(MIYABI)を使っていたのですが、iPhone SEでキーボードを打ってみると、やっぱりこちらの方が手になじみました。というのも、管理人はiPhone 3GからのiPhoneユーザーなので、8年くらいのiPhone歴があるからかもしれません。

格安SIMはDMM モバイルを使いつつ、スマホは今後5年くらいはiPhone SEでがんばってみようかなと思う今日この頃です。

追記: iPhone SEで格安SIMを使う手順

iPhone SEで格安SIM(DMM モバイル)を使う手順をまとめた記事を書きました。

iPhoneが初めてで「格安SIMを使ってみたいな」という人に向けて、iPhone SEの設定のやり方やAPN設定をして格安SIMでネットにつながるまでを記事にしています。

おまけ

iPhone SEでポケモンGO

ポケモンGOもGoogleアカウントだったので、Androidから簡単にiPhoneに移行できました。ただ、1つ注意点はiOS9.3.3にバージョンアップしたときに、「バッテリーセーバー」をONにしてしまうとフリーズしてしまうので、バッテリーセーバーのチェックを外しておく必要がありました。

関連記事

他の関連記事