メニュー

iPhone SEを格安SIMで使ってみる(DMM モバイルでAPN設定など)

iPhone SEを購入したので、格安SIMで使ってみました。

DMM モバイルでiPhone SE

iPhone SEとSIMカード

格安SIMはDMM モバイルを使っていますので、今回は「DMM モバイルのSIMカードでiPhone SEがネットにつながるまで」を紹介します。

DMM モバイルは格安SIMの中でもさらに格安なSIMカードです。DMM モバイルの特徴は次の記事にまとめていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

進め方

「格安SIMを使ってiPhone SEがネットにつながるまで」を紹介するにあたって、次の順番で説明していきます。iPhoneを使ったことがある人ならとても簡単なので、そのときは最後のAPN設定だけチェックすれば使えるようになると思います。

ここでは格安SIMにDMM モバイルを使いますが、IIJmioなどの他の格安SIMでもAPN設定以外は同じ手順になります。

格安SIMでネット接続までの手順

  • SIMカードのセット
  • iPhone SEの起動と設定
  • APN設定

docomoなどの大手キャリアでiPhoneを使っていると、最初のSIMカードのセットは馴染みが薄いかもしれません。最初のステップとして、通信の要となるSIMカードをiPhoneにセットします。

次にiPhone SEを起動して、iPhoneに関する設定を行います。そのままではネット接続ができませんので、『APN』と呼ばれる設定を行って通信ができるようにします。

慣れていれば全体で5分くらいの作業ですが、初めての場合は戸惑ったりしますので、そのような人に向けて進め方を紹介するのがこの記事の目的になります。

準備するもの

iPhone SEを格安SIMで使うに当たっては、次のものを準備しておきます。

  1. iPhone SE
  2. 格安SIMカード
  3. Wi-Fi環境

準備するのもとして、iPhone SEと格安SIMカード(ここではDMM モバイル)は当然のこととして、さらにWi-Fi環境も準備しておくのがおすすめです。

「なぜWi-Fi環境が必要なの?」という理由を簡単に説明しておきます。

Wi-Fi環境が必要な理由

テザリング

格安SIMのiPhone設定にWi-Fi環境がおすすめな理由は次の2つです。

  • iPhoneのアクティベーションに利用
  • APNファイルのダウンロード

iPhoneを有効にするためにアクティベーションという作業が必要になります。アクティーベションには次の3つの方法があります。

  1. iTunesに接続
  2. Wi-Fiに接続
  3. モバイルデータ通信回線を使用

PCにiTunesがインストールされていれば1つ目の方法でもOKですが、おすすめはWi-Fi環境を利用する方法です。iPhoneをWi-Fi環境からネット接続して、格安SIMで必要となるAPNファイルをダウンロードします。この方法ならiPhone単体でも設定をすべて完了することができます。

3つ目はdocomoなどの大手キャリアは利用できますが、格安SIMはAPN設定が完了するまでネット接続(モバイルデータ通信回線)が使えないので、この方法は使えません。

SIMカードのセット

最初はiPhone SEに格安SIMのSIMカードをセットします。

やり方は簡単で、iPhone SEの横にSIMカードをセットするトレイがありますので、そこの穴にピンを差し込みます。ピンはiPhoneの説明書の閉じたところに付属しています(下の写真)。

トレイの押し出しピン

ピンを使って次の写真のようにトレイを抜き出して、そこにSIMカードをセットします。下の写真の向きにSIMカードをセットし、トレイを元に戻すとSIMカードのセット作業は完了です。

SIMカードのセット

iPhone SEの起動と設定

ここからはiPhone SEの設定です。iPhone SEをすでに使っていたり、iPhoneの設定をしたことがある人は、ここは読み飛ばしてもらって『APN設定』まで進めてもらっても構いません。
(→ APN設定まで移動)

iPhone SEの起動からキーボードの設定まで

iPhone SEの電源を入れると次の画面になります。

iPhone SE起動画面1

これ以降いろいろと設定がありますが、設定画面ごとにヒントがありますので、それを参考にして進めていきます。この記事ではポイントになりそうな所を取り上げて紹介していきます。

最初は言語・国・キーボードを選択していきます。

iPhone SE起動画面2 iPhone SE起動画面3 iPhone SE起動画面4

多くの場合は次の選択肢でOKです。

  • 言語 → 日本語
  • 国 → 日本
  • キーボード → そのまま(次へ)

管理人はキーボードが『日本語ローマ字』を使うのでそちらを選択しました(上の画面はそのままの場合)。

これらの設定は後でも変更できますので、「やっぱり英語の方が使いやすい」という猛者や「キーボードを変更したい」となっても大丈夫なので、気楽に進めてくださいね。

設定は後で変更できるので気楽に進めましょう♪

アクティベーション

次はアクティベーションです。アクティベーションとは、iPhoneをアップル社に登録して使えるようにすることです。iPhoneのシリアル番号などをアップルのデータベースに登録し、アクティベーションが完了すると正規品としてiPhoneが使えます。アクティベーションを行って、iPhoneを使うための鍵を作るイメージです。

鍵

アクティベーションは、改造などの不正防止や盗難品の対策などに利用されています。

アクティベーションにはWi-Fiがおすすめ

『準備するもの』のところでも触れましたが、格安SIMでアクティベーションを進めるにはWi-Fi環境を使うのがおすすめです。Wi-FiでiPhone SEをネットにつなぐことができれば、このあとのAPN設定で必要なプロファイルデータをiPhone SE単体で簡単にできるからです。

docomoやau、SoftBankで契約したiPhoneならあらかじめAPNの設定が終わっているので、アクティベーションで『モバイルデータ通信回線を使用』という方法が利用できます。ところが、格安SIMの場合はAPN設定が終わるまでネットにつなぐことができないので、『モバイルデータ通信回線を使用』を利用したアクティベーションができないので注意しておきましょう。

アクティベーションの手順

アクティベーションの方法は3つありますが、ここではWi-Fiを使った方法を紹介します。

先ほどの言語・国・キーボードの設定が終わると、次の画面になります。

Wi-Fi選択画面

この画面では、利用できるWi-Fi(無線LAN)を選択します。Wi-Fiネットワークを利用するためには、ネットワークのパスワードを入力する必要がありますので、事前に調べておきましょう。

無事Wi-Fiを通じてネットワークがつながると、次の画面のようになってiPhoneのアクティベーションが開始します。

アクティベート中の画面

早ければ10秒もしないうちに次の画面へ進みます。アクティベーションの作業自体は難しくありませんが、Wi-Fiを接続したり用語が難しいので、初めてのときは戸惑うかもしれません。

起動画面まで

iPhone SEの起動画面

アクティベーションが完了してしまえば、あとはメニューに従っていけばiPhoneの起動画面まで進めるのは簡単だと思います。

それでは、上の起動画面になるまでの手順を順番に紹介します。これ以降は次の項目を設定していきます。

  1. 位置情報サービス
  2. Touch ID
  3. パスコード
  4. Appとデータ
  5. Apple ID
  6. iCloud Drive
  7. iCloudキーチェーン
  8. Siri
  9. 診断
  10. App解析

数が多くて大変そうですが、これらの項目も後で変更できるので、迷ったらスキップしたり「ひとまず設定しておく」という進め方でもOKです。

位置情報サービス

『位置情報サービス』はGPSや携帯電話の基地局、Wi-Fiなどを利用して、位置情報を取得するサービスをオン/オフする設定です。マップ機能や天気などのサービスと連携して便利なので、よほどの理由がなければオンでいいと思います。

位置情報サービスの選択画面

位置情報サービスをオンにすると、アプリごとにもオン/オフが選べるようになりますので「マップは位置情報使いたいけど、ツイッターは嫌だな」というようなことも設定できます(『設定』→『プライバシー』→『位置情報サービス』→個別アプリ)。

Touch ID

Touch IDの設定です。Touch IDとは、ホームボタンに指を触れると指紋認証でロックの解除やパスワード代わりをしてくれます。iPhone5s以降のiPhoneでは標準搭載される機能で、iPhone SEにも搭載されています。

Touch IDの画面 指紋認証完了

指紋認証に使いたい指をホームボタンに載せたり離したりを何度か繰り返します。画面では指紋マークがだんだんと色づいてきて、読み取りが完了します。今度は確認用に同じ指で何度かホームボタンをタッチするとTouch IDの設定が完了します。

このTouch IDも後で設定できますが、ここで登録しておくのがおすすめです。iPhoneを放置して画面がロックしても、ホームボタンを触るとすぐにロック解除ができるので、パスワードを打たなくて済むのでストレスが軽減できますよ。

パスコード

パスコードの作成画面

上はパスコードの作成画面です。先ほどのTouch IDでほとんどのロック解除やパスワード代わりになりますが、電源の再起動やiOSのアップデートなどをしたときは、このパスコードが必要になります。

パスコードを求められたときにパスコードがわからないとiPhoneが使えなくなるので、パスコードは必ず覚えておきましょう。

『パスコードオプション』をタップすると、次の4つの方法でパスコードを作成できます。

  • カスタムの英数字コード
  • カスタムの数字コード
  • 4桁の数字コード
  • パスコードを追加しない

FBIがテロ事件でこのロック解除に1億円近く支払ったという話があるように、パスコードはiPhoneのセキュリティの1番の要(かなめ)になります。パスコードの管理はしっかりしておきましょう。

Appとデータ

Appとデータでは、新規とするのかそれとも今までのデータを移行・復元するのかを選びます。ここでは『新しいiPhoneとして設定』を想定して話を進めます。

Appとデータの画面

それ以外の方法については、SoftBankの次のURLが参考になりますので、そちらをご覧ください。

Apple ID

Apple IDはiTunesで音楽を購入したり、App Storeでアプリを購入したりするときに利用します。Apple IDはアップルのサービスと連携するアカウント情報で、お金(支払い情報)や個人データなどとも連携しますので、取り扱いには注意しましょう。

Apple IDの画面 利用規約の画面

管理人はすでにApple IDを持っていたので、上の画面のようにApple IDとパスワードを入力すると確認・設定画面、利用規約の画面の流れで進んでいきました。

もし、完全な新規やApple IDを忘れた場合には、『Apple IDをお持ちでないか忘れた場合』をタップして、『”設定”で後で設定』→『使用しない』と選ぶのがおすすめです。

ひとまず、iPhoneの設定が終わってしまってから、後でApple IDを落ち着いて設定する方が間違いが少ないと思います。この場合も上のような利用規約の画面になりますので、画面右下の『同意する』をタップして先に進めていきます。

iCloud Drive

iCloud Driveはアップルが提供するネットワーク上のディスクスペースのことです。ネットワーク上にデータを保存するので、万が一iPhoneのデータが消えた場合に復元したり、PCとiPhoneでデータを共有したりするのに利用できる便利なサービスです。

20160809_8

管理人のようにApple IDを登録済みでiCloudをすでに利用していると、上の画面のようにそのまま進んでいきます。

もし、iCloud Driveを始めて利用する場合は『iCloud Driveにアップグレード』または『iCloud Driveをオフにする』が選択肢となります。iCloud Driveはデータ共有やバックアップに便利なので、アップグレードの選択肢がおすすめです。

iCloud Driveについて

iCloud DriveはApple ID 1つにつき5GBまで無料です。連絡先やメール、写真などのバックアップや共有したいデータによく使われています。5GBと無料の容量は小さいので、写真などに利用するとすぐにいっぱいになるので上手に活用しましょう。

iCloudキーチェーン

iCloudキーチェーンは、iPhone以外のPCやiPadなどのデバイス間でアカウント情報を共有します。iCloudキーチェーンを使う場合は『ほかのデバイスから承認』または『iCloudセキュリティコードを使用』を選び、使わない場合は『パスワードを復元しない』を選択します。

iCloudキーチェーンの画面

Siri

『Siri』は声でiPhoneのいろいろな操作ができるツールです。

Siriで図書館探し

例えば、『Hey Siri』とiPhoneにしゃべりかければSiriが起動し、『図書館を探して』と声で指示すると近くの図書館を探してくれます(上の画面)。

ここではそのSiriの機能を利用できるように、音声認識を設定して自分の声に反応できるようにします。

Siriの画面 Siriの音声認識画面 Siriの設定が完了した画面

iPhoneの画面の指示に従って、iPhoneにしゃべりかけていけばSiriの設定はそれだけで完了します。

iPhone SEでは電源がスリープ状態からでも『Hey Siri』と呼びかければ起動するので、車の運転をしている最中にコンビニを探したり、音楽を聴いているときに次の曲へスキップしたりできます。

  • 「Hey Siri、コンビニ」
  • 「Hey Siri、次の曲」

こんな感じで利用できます。他にもWeb情報を調べてくれたり、アプリを起動してくれたりと、いろいろな使い方がありますので、ぜひ自分なりの使い方を見つけてみてください。

もちろんSiriをここで設定せずに、後から個別にSiriの設定を行っても構いません。

Siriを使ったことがなければ、後でぜひ1度使ってみてね♪

診断

『診断』では使用状況のデータをアップルに送信するか/しないかを決めます。「ぜひアップル社に協力したい」というときは『Appleに送信』を、そうじゃない場合は『送信しない』を選びます。

診断の画面

使用状況や位置情報などの個人情報が送信されますので、「個人情報は送りたくないな」というときは『送信しない』を選んでも問題ありません。

App解析

App解析の画面

App解析も先ほどの診断と同じで、アップル社の品質向上に利用される情報です。アプリの使い方や問題などをアップルへ送信するのが嫌な場合は、『共有しない』を選択します。

『Appデベロッパと共有』を選んでも、もしトラブルが起こった時の解決にはほとんど役に立たないと思いますので、『共有しない』を選んでも全然問題ありません。

ちなみに、管理人はiPhoneが気に入っているので、『診断』も『App解析』もどちらも送信・共有で設定しています。

iPhone SEの初期設定完了

以上の設定が完了すると、下のように『ようこそiPhoneへ』という画面になります。『さあ、はじめよう!』をタップすると、右側のような起動画面になります。

ようこそiPhoneへ iPhone SEの起動画面

この右側の画面までくるとiPhoneがひとまず使えるようになります。『ひとまず』というのは、Wi-Fiがつながっているとほとんどの機能が使えるのですが、次のAPN設定が完了しないと外出先で携帯電話の電波(docomo回線)が利用できないからです。

もしdocomoやau、SoftBankの大手キャリアの場合ならAPN設定が不要なので、ここまで進めると4GやLTEのデータ通信も使えるようになり、iPhoneの設定はここで完了します。

ところが、格安SIMの場合には、次に説明する『APN設定』を済ませるまでは携帯電話回線(docomo回線)によるデータ通信ができません。そこで、次のステップでAPNの設定を行い、外出先やどこでもdocomo回線を利用してデータ通信が利用できるように設定します。

APN設定

DMM モバイルのプロファイル画面

『APN』という単語は聞きなれないと思いますが、これは『アクセスポイント名(Access Point Name)』を表していて、iPhone(スマホ)が携帯電話の電波を利用してデータ通信を行うために必要な情報となります。

このAPNは契約した格安SIMによって違いますので、契約した格安SIMの説明書やWebサイトなどでAPNの設定のやり方を確認しておきます。

もし、APNの仕組みなどについてより詳しく知りたいときは次の記事が参考になります(iPhoneを使いたいだけなら知らなくても全然大丈夫です)。

上の記事はIIJmioの技術担当の方がAPNに関してまとめた記事なので、他のどの記事よりも詳しくAPNについて書かれていると思います。

それでは、格安SIMのDMM モバイルを例にしてAPNを設定していきます。

DMM モバイルのAPN設定

DMM モバイルのAPN設定を説明していきますが、他の格安SIMもやり方はほとんど同じになります。

APN設定の手順

APNを設定は次の手順で進めていきます。

  1. DMM モバイルのAPN設定のページへ行く
  2. APNプロファイルをダウンロード
  3. APNプロファイルをインストール
  4. データ通信ができることを確認

慣れていれば1分ほどの作業なので、初めての人でもゆっくりと順番に進めていけば問題なく設定できると思います。

DMM モバイルのAPN設定のページへ行く

最初の方でWi-Fi環境をおすすめしていた理由がここのお話です。Wi-FiでiPhoneがネットにつながる状態になっていると、APNの設定に必要な『APNプロファイル』データをダウンロードできます。iOS7より新しい場合は、この方法が標準的なAPN設定の方法となっています(iOS7より前は手動でも設定できていました)。

DMM モバイルの場合は、次のリンク先がAPNプロファイルをダウンロードできるページなので、そちらへiPhoneからアクセスします。

APNプロファイルをダウンロード

先ほどのリンクをクリックすると左下の画面となります。少しスクロールして『APN設定手順』をタップすると、右下の画面のような『APN設定手順』という画面に変わります。

20160809_20 20160809_22

次に、自分が契約した時期に合ったAPNを選択します。最近DMM モバイルと契約した場合は、上側の『APN名:dmm.com』の方だと思います。タップすると自動的に『APNプロファイル』のダウンロードが開始されます。

APNプロファイルをインストール

APNプロファイルのダウンロードが完了すると左下の画面になります。ここで画面右上の『インストール』をタップするとパスコードの入力を求められ、それを進むと『警告』というページになります(右下の画面)。

この警告画面でも『インストール』を選択します。APNプロファイルデータは公式のDMM モバイルが提供しているものなので、この警告は心配しなくても大丈夫です。

20160809_23 20160809_24

APNプロファイルのインストールが完了すると、下のような画面になります。

20160809_25

これでAPNの設定は完了です。

このままでもおそらく大丈夫ですが、きちんと携帯電話の回線(docomo回線)でデータ通信ができることを次に確認します。

データ通信ができることを確認

先ほどまでWi-Fiを使ってデータ通信をしていたので、このWi-Fiをオフにしてdocomo回線でインターネット接続できるか確かめてみましょう。

トップメニューの『設定』アイコン → 『Wi-Fi』を選びます。

20160809_26 20160809_27

最初は左上の画像のようにWi-Fiがオンになっていると思います。ここで注目しておきたいのが画面左上の所です。アンテナ強度の横に『docomo』の文字と扇型のWi-Fiマークが確認できると思います。

ここで一旦Wi-Fiをオフにします(右上の画像)。すると先ほどの扇型のWi-Fiマークが無くなって『LTE』の文字が表示されると思います(電波によっては4Gや3Gの場合もあるかもしれません)。これでWi-Fiがオフしてdocomo回線を利用したデータ通信に設定されました。

例えば、iPhoneのSafariからYahoo!など好きなページにアクセスしてみてください。

docomo回線から下のようにインターネットへ接続ができれば、APNの設定がうまくできたことが確認できます。

Yahooトップ画面

これで格安SIMでもdocomo回線でネット接続できるようになりました。

先ほどオフに設定したWi-Fiをオンに戻して、これで設定がすべて完了しました。おつかれさまでした。

DMM モバイルでおすすめアプリ

DMM モバイルを使うにあたっておすすめアプリを2つ紹介します。

  • DMM モバイルアプリ
  • DMMトーク

DMM モバイルアプリ

DMM モバイルアプリ

DMM モバイルが公式に提供しているiPhone用アプリです。今月のデータ残量の確認やこれまでの月額料金などがアプリから確認できます。

さらに、高速通信のON/OFFがこのアプリから設定できますので、データ容量を節約したいときに利用してみてください。また、データ容量が不足したときにはアプリ上から有料ですがチャージすることもできます。

DMM モバイルを使うにあたっては必須アプリだと思います。

DMMトーク

DMMトーク

DMMトークは通話料金が半額になるアプリです。通常は20円/30秒の通話料金ですが、DMMトークを使って電話をかけると、半額の10円/30秒で通話することができます。

通話品質も高いままで今までの電話帳も普通に使えますので、音声通話付のSIMで契約したときはおすすめのアプリです。

DMMトークについては次の記事により詳しい説明を書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

おわりに

iPhone SEを格安SIM(DMM モバイル)で使う方法を長々と書いてきました。iPhoneを使ったことのない人も想定して記事を書いたので、かなり冗長になってしまいました。

iPhoneを使ったことのある人にとっては、最後の『APN設定』だけチェックしてもらえれば、格安SIMでも簡単に利用できるようになると思います。

iPhone SEはiPhoneシリーズでも価格が安く、格安SIMにうってつけのiPhoneだと思っています。その理由は次の記事にiPhone6sとSEを比較して紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

管理人はもともとiPhone 5sを使っていましたが、それとほとんど同じのiPhone SEにとても満足しています。

花火

その理由の1つがこれです。『Live Photos』というiPhone 6sとiPhone SEに搭載された「写真のシャッター前後1秒くらいを残す」という機能です。花火のような瞬間的に撮るのが難しい写真でも、上のように写真を撮れば動画2秒くらいの動画として残ります。管理人のような下手くそなカメラマンでも花火の写真を記念に残すことができました。

あと、地味ですがバッテリーの持ちがよくなったのもうれしかった点です。

CPUなどの性能はそれほど体感できませんが、3年ぶりにiPhoneを買い替えたのでいろいろと総合的に使いやすくなっていました。これからあと5年使うつもりでiPhone SEを使っていこうと考えています。

格安SIMでiPhone使いたい人には、iPhone SEおすすめですね。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

男性

DMM mobile 男性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート3

満足度4

普段は家にwifiがあるため、それで事足りますが、たまに外で使うときは動画をみることがあるので契約しました。大手とくらべて格段に安いので、月々の支払いに、安心感があるところが一番の良いところだと思っています。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話5

サポート5

満足度5

docomoの電波を使用して繋がりやすいと聞いていましたが、半信半疑でした。しかし、実際にソフトバンクのスマホと同時に持ち歩きましたが、断然docomoの方が電波バッチリでした。今まで電波状況が悪い場所も繋がり、音声もクリア、料金も安く、現在の使用状況や、金額もネットで見れるので安心、DMMでは、使用料金の10%分がポイントとして戻るので、本やDVD、レンタルなど好きな商品が買えるので更にお得なので、格安SIMは大満足です。

関連記事

他の関連記事