メニュー

格安SIMのデータ専用SIMでLINEを使う方法

データ専用SIMでLINE

格安SIMのデータ専用SIMでLINEを使う方法を紹介します。

データ専用SIMでLINE

コミュニケーションアプリとして今ではLINEは欠かせないツールになっていますね。

格安SIMや格安スマホでもLINEが使えるのですが、気を付けない点がいくつかあります。

  • データ専用SIMでは利用できない
  • ID検索が利用できない

今回は1つ目の注意事項『データ専用SIMは使えない』をなんとかして利用できる方法を紹介します。あまりスマートな方法ではありませんが、ガラケーとスマホやタブレットの2台持ちユーザーにはおすすめできる方法だと思います。

残念ながら、2つ目の『ID検索ができない』は格安SIMでLINEを使う場合のデメリットとなっています。ID検索にはdocomoの年齢認証を経由する必要があるのですが、格安SIMだとdocomoのIDがありませんので年齢認証が通らないからです。LINEが格安SIMをスタートするお話がありますので、そちらの情報に期待したいところです。

今回はLINEを新規に使うことを想定していますので、データの引継ぎや既にアカウントのある方は想定していません。ガラケーとスマホの2台持ちでスマホ側でLINEを使いたいときなどで、「データ専用SIMで少しでも安く利用しよう」という時に使える方法を紹介します。

LINEが格安SIMへ参入

データ専用SIMでLINEを利用するときの注意点

データ専用SIMでLINEを利用することができるのですが、注意点があります。

注意点

SMSを受信できる別の端末が必要(ガラケーもしくはスマホ)

今回紹介する方法を先にネタバレしておくと、認証用にSMSへ送られてくるパスワードを別のガラケーやスマホで受け取って、そのパスワードを別のデータ専用SIM用のスマホで利用します。そのため、データ専用SIM以外にSMSを受け取れるガラケーやスマホが必要になります

あらかじめSMSを受け取れるスマホがあればそちらでLINEを利用する方がいいので、今回の方法はガラケー + スマホやタブレットといった2台持ちをする人を想定した利用方法です。

通話用にガラケーを利用しながらスマホやタブレットなどの2台持ちをするユーザーさんも多いと思いますので、「SMSのオプション料金も節約したい!」そんな方に向けた内容になります。

データ専用SIMでLINEを利用するやり方

データ専用SIMでLINEを利用するにあたって準備するものをまとめます。

準備するもの

  • データ専用SIM
  • SIMフリースマホ(もしくはdocomoスマホ)
  • 契約中のSMSが利用できるガラケーもしくはスマホ

1つ1つ説明していきます。

データ専用SIM

どこの格安SIMでも構いませんので、データ専用SIMを用意します。おすすめは料金の安いDMM モバイルですが、どこの格安SIMでも構いません。格安SIMによってはキャンペーンで安く利用できることもありますので、いくつかの格安SIMのサイトをチェックするのがおすすめです。

データ専用SIMは最低契約期間がありませんので、好きなタイミングで解約できるので気楽に使ってみることができるのもメリットですね。

SIMフリースマホ(もしくはdocomoスマホ)

SIMフリースマホであればiPhoneでもAndroidでもOKです。また、docomo製のスマホならほとんどの格安SIMが利用できますので、その場合も新しく端末を購入する必要はありません。

auやSoftBankで2015年4月以前に購入したスマホは、残念ながらSIMロックが解除できませんので、新しくSIMフリーもしくはdocomo製のスマホを用意する必要があります。

ただ、au製はmineo UQモバイル、2016年10月からはIIJmioが利用できます。そして、au回線の格安SIMはデータ専用SIMとSMS付SIMの月額料金が同じなので、この記事で紹介する方法は不要です。SMS付SIMで契約して、普通に登録認証のときのSMSに送られてくるパスワードから簡単にLINEを登録することができます。これ、意外とau回線プランのメリットかもです。

契約中のSMSが利用できるガラケーもしくはスマホ

今回の方法のポイントとなる箇所です。データ専用SIMとSIMフリースマホ以外に、SMSを受信できるガラケーもしくはスマホが必要です。そのようなスマホがあればそちらでLINEを使えばいいので、実質的に今回のお話はガラケー用の方に向けた内容になると思います。

この次に説明していくやり方で紹介しますが、スマホからLINEを登録して、認証用のSMSはガラケーで受信します。LINE認証に電話番号(SMS)を利用しますので、SMSを受け取るための端末が必要になるのがこの理由となります。

やり方

ここからはデータ専用SIMでLINEを利用するやり方を紹介していきます。やり方自体は簡単なので、準備するものがきちんと揃っていれば5分くらいで作業が完了します。

手順

  1. LINEをインストール
  2. アカウントの新規登録
  3. SMSの認証番号を入力
  4. 登録
  5. 年齢確認

LINEをインストール

LINEの紹介画面 LINEをインストールした画面

iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle playからLINEアプリをインストールします。上の画面はAndroidのLINEの紹介画面と右側はインストールした後の画面になります。

アカウントの新規登録

LINEの初回起動画面

LINEのインストールが完了したら、次はLINEを起動します。上の画面はLINEの初回起動画面です。

ここでは初めてLINEを使うことを想定していますので『新規登録』をタップします。

※『ログイン』で別のスマホから新しいスマホへログインすると今までのトーク情報や履歴がクリアされてしまいます。引継ぎの場合は十分注意して、あらかじめデータのバックアップをしておくことをおすすめします。

電話番号の認証画面

次に、上の画面のように電話番号を求められます。実はデータ専用SIMにも電話番号が割り振られているのですが、この番号は電話回線を利用できないので使えません(SMS付SIMは電話回線を利用できる)。

そこであらかじめ準備しておいた契約中のガラケーの電話番号をここで入力します。入力できると『次へ』をタップします。

「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります。」と表示されますので、『確認』をタップします。

SMSの認証番号を入力

先ほどの手順が終わると、ガラケーの方へSMSが届きます。SMSに届いた4桁の認証番号を入力したのが下の画面です。

SMS認証画面

認証番号を入力したら『次へ』をタップします。

もし、SMSが届かない場合は再送してみます。それでも届かない場合は音声通知の方法もありますので、それを試してみます。それでもSMSが届かない場合には、ガラケー自体にSMSが届くかどうか、友人や家族にSMSを送って確かめてみましょう。

登録

SMS認証が正しいことが確認できると次の画面になります。

登録確認画面

ここで『登録』をタップすると登録が完了します。

データ専用SIMのスマホにアドレス帳の連絡先のデータが入っていれば、画面の『友だち自動追加』『友だちへの追加を許可』をチェックしていると自動的に友達に自分がLINEを登録したことが通知されます。最初は親しい友人や家族だけで始めたいときは、次のようにチェックを外し、勝手に連絡先を登録・交換しないようにしておきます(下の画面)。

友だち通知の設定画面 友だち通知のチェックなし

右上の画面では友だち関連の通知のチェックをOFFにしています。

設定に問題なければ『登録』をタップして次へ進めていきます。登録自体はこれで完了となりますが、安全やいらずらから守るために年齢確認の仕組みがLINEにはあります。次のステップでこの年齢確認について軽く触れておきます。

年齢確認

LINEは未成年が出会い系や犯罪目的などの危険から守るために、年齢確認の仕組みを取り入れています。その年齢確認の仕組みにはdocomoで契約した契約者情報を利用するのですが、格安SIMの場合docomoと直接契約するわけではないので、この仕組みが利用できません。

LINEの年齢確認機能は主にID検索で利用されていますので、年齢確認の機能が使えない格安SIMはID検索の機能が利用できません。直接『ふるふる』や『QRコード』でやりとりできる場合は大丈夫ですが、離れた友達などとLINE交換するときにID検索が利用できないのは、格安SIMの1つのデメリットになっています。

※離れた友達とのLINE交換にはメールアドレスを利用して、自分のLINEアドレスやQRコードを送る方法があります。これについては、別の機会で紹介したいと思います。

格安SIMのデータ専用SIMでLINEをするときは上の事情により、年齢確認の機能が利用できないので、下の画面では『年齢確認をしない』をタップします。

LINEの年齢確認

『LINEモバイルをご契約の方』というのは、この夏にサービス開始が予定されているLINEが提供する格安SIMサービスです。現時点(2016年8月末)では、具体的な情報が出ていないので、これについては正式リリースの情報を待ちたいと思います。(LINE格安SIMではID検索も利用できるとの噂があります)

ここまで設定が終わるとLINEが利用できるようになります。

最後に、PCでLINEを利用したりスマホの機種変更をしてもLINEの情報を引き継げるような設定があります。

追記: LINEモバイルの格安SIMサービスが正式開始

2016年9月5日にLINEが格安SIMにLINEモバイルとしてサービス開始をすると発表がありました。ID検索にも対応します。

メールアドレスの登録

メールアドレスの登録画面

先ほどの『年齢確認』に関するところまで設定できればLINEを利用できるようになります。

年齢確認の次のステップに、上の画面のようなメールアドレスを登録する機能があります。メールアドレスとLINEのアカウントをひもづけすることで、スマホやタブレットなどの機種変更や電話番号の変更を行っても、アカウント情報を引き継ぐことが可能になります。

さらに、PCからもLINEを利用できるようになりますので、PCも併用したいときはメールアドレスを登録しておくのがおすすめです。

1つ注意があるのは、メールアドレスを登録してLINEアカウントのひもづけをしても、機種変更をしてLINEを乗り換えるとトーク情報がクリアされることです。iPhone同士やAndroid同士なら比較的簡単な方法でバックアップをとってトーク情報を移行できますので、機種変更をするときはWebなどでやり方を調査してみてください。

先ほどのメールアドレスの登録画面で『今すぐ設定する』を選択すると、入力したメールアドレスに認証用の4桁の暗証番号が届きます。メールアドレスを後で登録するときや、この機能が不要なときは『いまは登録しない』を選びます。

メールアドレスの認証画面 メールアドレスが登録された画面

上の画面は先ほどのメールアドレスに届いた暗証番号を入力する画面になります。通常は先ほどの『今すぐ設定する』をタップすると1分以内にメールが来ますので、届いたメールの暗証番号を確認しましょう。もし、メールが届かないときは迷惑メールのフィルター設定や入力間違いがなかったかを確認してみてください。

メールアドレス、認証番号に問題がなければ、右上の画面のようにLINEのアカウントとメールアドレスのひもづけが完了します。

LINEの開始画面

今までの流れで設定が完了すると、上のようなLINEのスタート画面になります。

最近ではLINEが標準的なコミュニケーションツールとなっていますので、ご家族や友人など、すでにLINEを利用している人に使い方や機能などは教えてもらうとすぐに使えるようになると思います。

特に、メッセージを見た時の『既読』機能とイラストが送れるスタンプ機能は大変便利で、LINEの爆発的な普及に貢献しました。また、グループ機能や無料通話などの機能もとても便利なので、格安SIMユーザーにはおすすめアプリです。

おわりに

格安SIMのデータ専用SIMでLINEを利用する方法を紹介しました。とはいっても、ガラケーなどの別のSMS機能を利用するだけなので、タネあかしをすれば当たり前の方法かもしれませんね。

SMS付SIMは月額+150円程度の場合が多いので、少しでも月額料金を節約したい人には使える方法かもしれません。特に、ガラケーとスマホやタブレットの2台持ちユーザーにはこの方法がとてもおすすめです。

LINE以外にも認証にSMSを利用するアプリやゲームがありますので、今回紹介した方法を知っておくと同じように利用できますので、便利な状況が出てくるかもしれません。

こぼれ話

雅(MIYABI)とiPhone SE

管理人がiPhone SEに移行したことで、格安スマホのFREETELの雅(MIYABI)が空き端末となりました。そこで、普段はガラケーユーザーの母親にその雅(MIYABI)を使ってもらうことにしたのが、今回のお話の背景になります。

電話やメールよりもLINEの既読機能や無料通話が便利なので、これを機会に母親もスマホデビューしてもらえれば願ったりかなったりと考えています。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

格安SIMに変えて良かった事は、何といっても毎月の料金がぐんと下がった事。キャリアで契約していた時は月7000円程度を払っていたが、現在は毎月1500円程度(通話料が別途加算なのでその分の変動あり)で済んでいる。通信料は毎月必ず掛かるものだから、安ければ安い程良い。また、通信速度も心配していた程遅くなく、混む時間帯に若干感じる程度。通話音質も問題なし。田舎に旅行に行った時も電波が入るので問題なし。ただ、サポートがキャリア程手厚くない為、分からない事を自分で調べて対処出来ない人は不便さを感じるかも。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話5

サポート5

満足度5

docomoの電波を使用して繋がりやすいと聞いていましたが、半信半疑でした。しかし、実際にソフトバンクのスマホと同時に持ち歩きましたが、断然docomoの方が電波バッチリでした。今まで電波状況が悪い場所も繋がり、音声もクリア、料金も安く、現在の使用状況や、金額もネットで見れるので安心、DMMでは、使用料金の10%分がポイントとして戻るので、本やDVD、レンタルなど好きな商品が買えるので更にお得なので、格安SIMは大満足です。

関連記事

他の関連記事