メニュー

DMM モバイルを使って14か月が経ちました。感想とかのメモ

DMM モバイルを使って14か月経ちましたので、使用状況や料金などをまとめます。

DMM モバイルで14か月目に突入

2015年の7月にSofbBankからDMM モバイルへ移行して14か月が経ちました。この記事は8月の格安SIMの話題と管理人の使用状況の報告になります。

8月の話題

ニュース

8月は1つだけニュースに取り上げました。

IIJmioが10月からau回線のプランも提供を開始すると発表しました。これまでの格安SIMではmineoとUQ mobileがau回線を利用したキャリアとして有名でしたが、これに格安SIM大手のIIJmioが加わることになります。

信頼性や満足度に定評のあるIIJmioがau回線を始めるので、格安SIM業界には大きなニュースとなりそうです。

また、これもIIJmioのニュースですが、次のような発表がありました。

このニュースはユーザーにすぐに直結する話題ではないと思って、ニュース記事には取り上げませんでした。これまでの格安SIMにはなかった新しいサービスが出てくる可能性が出てきました。

IIJmioばかりを取り上げた形ですが、IIJmioの動向を見ていると他の格安SIMよりも二回りくらい先行している印象があります。格安SIMでは料金や基本サービスはもちろんですが、このような将来的な先行投資をきちんとしているところが、これから大きく成長していきそうな予感がします。

  • IIJmioの公式ページ → IIJmio

管理人のDMM モバイル利用状況

8月の使用データ量と料金状況です。管理人は、DMM モバイル 通話SIMプラン 1GBを14カ月そのまま継続しています。

それでは、いつものようにデータ使用量と料金をメモしておきます。

データ使用量

2016年8月1日のデータ残量 2016年9月1日のデータ残量

左の画像は8月1日のデータ容量で、右の画像は9月1日のデータ容量です。普段は8月31日のデータ容量を画像に残すのですが、今回は画像を撮り忘れてしまいました。実際には8月31日時点のデータ残量は990MBになっていて、9月1日で契約分の1000MB(1GB)と繰り越し分の990MBを合わせた1990MBの表示となっています。

8月1日は1810MB、8月31日は990MB(換算値)なので、8月は820MB(0.82GB)のデータ使用量となりました。ちなみに、上の画像の違いは左がAndroid(雅MIYABI)、右がiPhone(iPhone SE)で違うからです。

8月は副業を始めた兼ね合いで、外出先で資料の確認などで頻繁にスマホでWeb検索をしました。結構早いペースでデータを消費したので、後半からは久しぶりに高速通信をOFFにして節約しながら使っていました。

ただ、外出先でPCやタブレットを使う機会も増えそうなので、テザリングなどを考えて契約プランを1GBから3GBくらいへ増量しようかと検討中です。

高速通信のOFF(低速モード)

2016年9月1日のデータ残量

高速通信のOFFについて少し補足します。DMM モバイルの場合、高速通信のON/OFFをDMM モバイルアプリから好きなタイミングで切り替えられます。上の画面の中の下にある『高速データ通信』の部分ですね。

高速通信をOFFにするとデータ容量が消費されないので、データ容量を節約したいときに有効です。高速通信では数Mbpsという動画も問題ない通信速度になりますが、高速通信OFF時の低速通信では200kbpsと通信速度が制限された状態になります。

「低速通信の200kpbsは全然使い物にならないの?」というと、意外とそうでもありません。DMM モバイルにはバースト機能という『低速通信でも通信最初は高速に通信する機能』が搭載されています。バースト機能のおかげでWebページの閲覧などは、スマホ向けのデータ表示の軽いページはほとんどストレスなく見ることもできるくらいです。もちろん、画像満載の大きいページは読み込みに時間がかかります。

20160527_2

さらに、低速通信(200kbps)でもLINEの通話ができたり、radikoのラジオストリーミングはできるくらいの通信速度なので、データ容量を節約したいときに意外と利用できるのが低速通信モードです。

ただ、低速通信で3日間366MBを超えるとさらに通信制限にかかりますので、この点には注意が必要になります。この通信制限については、次の記事で書いたことがありますので、ご参考にしてください。

料金

2016年9月の料金
(拡大できます)

2016年9月の利用料金は1,369円となっています。管理人の通話付1GBプランは月額1,260円(税込1,360円)なので、ほとんど基本料金となっています(残りの9円はSMS関連です)。

データ使用量と料金のグラフ

データ使用量はばらつきがありますが、スマホ料金はほとんど1,400円以下になっています。

データ使用量は契約プランの1GBを超える月もありますが、DMM モバイルにはデータ繰り越し機能があるので、1GBの契約プランでも追加料金なしでやりくりできています。

スマホ料金については、最初の1か月目は契約料金3,000円が含まれているので高くなっています。また、2016年2月は通話を多くしたので、通話料金が加わって他の月よりも高くなっています。

管理人のように自分から通話をする機会の少ないスマホユーザーなら、格安SIMでかなりスマホ料金をお得にできるのではないでしょうか。管理人の場合は、SoftBankからDMM モバイルへ移行して、月額6,000円くらい安く使えるようになりました。

特に、格安SIMの中でも月額料金の安いDMM モバイルはおすすめの格安SIMです(『Web申し込みのみ』なのがデメリット)。

おわりに

8月から副業で外出する機会が増えました。待ち合わせの空き時間でテザリングのPC操作をすることも出てきたので、契約プランの1GBから3GBくらいまでのプラン変更を考えています。

で、そのプラン変更を申し込もうとしたら25日だったので、受付日を過ぎていたのでプラン変更は来月へと延期しました。

データ容量 月額料金
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円

上はDMM モバイルの通話プランの1GB~3GBまでの月額料金表です。今までは1GBの1,260円でした。3GBは他社との競争も激しいのでコストパフォーマンスのいい価格帯になっています(他社は1,600円くらい)。特に、DMM モバイルは他の格安SIMよりも安いので、この機会に3GBへ一度プラン変更してみようかと考えています。

出先でPCやタブレットを使うとどうしてもデータ容量を多く消費してしまいますね。これは仕方がないのかなと思っています。もう少し無料Wi-Fiの使い勝手がよければいいのですが、管理人の住んでいる大阪は、回線が途切れたり遅くて使い物にならないことが多かったので(特にOsaka Free Wi-Fi)、自分である程度のネット環境は確保する必要性を感じました。

このあたりについては、また別の機会に紹介したいと思います。

DMM モバイル

『業界最安値水準』を掲げる格安SIM。安さならここに決まりです!

月額料金

データSIM440円~

通話SIM1140円~

データ容量0GB・1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

DMM モバイルのここがおすすめポイント

  • 業界最安値水準』がいちばんのポイント! 安さにこだわりたい人におすすめです。
  • IIJmioのもとで回線提供されているので、サービスや機能も高水準です。
  • 通話半額のDMMトークや専用アプリなども充実しています。

DMM モバイルのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.4

料金5.0

通信4.3

通話4.5

サポート3.7

満足度4.7

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話4

サポート3

満足度5

格安SIMに変えて良かった事は、何といっても毎月の料金がぐんと下がった事。キャリアで契約していた時は月7000円程度を払っていたが、現在は毎月1500円程度(通話料が別途加算なのでその分の変動あり)で済んでいる。通信料は毎月必ず掛かるものだから、安ければ安い程良い。また、通信速度も心配していた程遅くなく、混む時間帯に若干感じる程度。通話音質も問題なし。田舎に旅行に行った時も電波が入るので問題なし。ただ、サポートがキャリア程手厚くない為、分からない事を自分で調べて対処出来ない人は不便さを感じるかも。

女性

DMM mobile 女性 40代

料金5

通信5

通話5

サポート5

満足度5

docomoの電波を使用して繋がりやすいと聞いていましたが、半信半疑でした。しかし、実際にソフトバンクのスマホと同時に持ち歩きましたが、断然docomoの方が電波バッチリでした。今まで電波状況が悪い場所も繋がり、音声もクリア、料金も安く、現在の使用状況や、金額もネットで見れるので安心、DMMでは、使用料金の10%分がポイントとして戻るので、本やDVD、レンタルなど好きな商品が買えるので更にお得なので、格安SIMは大満足です。

関連記事

他の関連記事