メニュー

LINEが格安SIMに参入! 9月5日からLINEモバイルが500円からサービス開始

LINEモバイルトップページ

LINEがいよいよ格安SIMに正式参入しました。

LINEモバイルが9月5日からサービス開始

コミュニケーションアプリを提供するLINEが格安SIMへ参入しました。

2016年9月5日から初回は2万契約限定でサービスをスタートします。今回発表された特徴的な内容をまとめると次のようになります。

LINEモバイルの特徴

  • 月額500円~の料金設定プラン
  • SNSのカウントフリー
  • LINEのID検索やLINEとの連携
  • MVNEはNTTコミュニケーションズ(OCN モバイル ONEを展開中)

月額料金は500円から用意されていて、LINEの通話・トークが使い放題となる『LINEフリープラン』とLINE、Twitter、Facebookがカウントフリーとなる『コミュニケーションフリープラン』の2種類があります。それぞれの料金設定については後ほど紹介します。

LINEモバイルのプランの特徴は、LINEやTwitterで消費されるデータの消費量がカウントされないことです(プランによる)。普段からこれらのSNSをよく利用するユーザーにはお得な特徴となっています。

また、通常の格安SIMではLINEのID検索が利用できないのですが、LINEモバイルではこの制限をクリアできるようになっているのでID検索が利用できるようになります。さらに、その他のLINE関連のサービスやポイントなどとの連携もできます。

LINEモバイルの格安SIMサービスを後ろで支えるのはNTTコミュニケーションズです。NTTコミュニケーションズは格安SIM大手のOCN モバイル ONEを運営する実績のあるMVNEです。その安心感と実績のあるMVNEによってLINEモバイルのサービスが支えられることになります。

この他にもSMSや通話機能も選べるようになっていて、通常の格安SIMと同じように利用することができます。

LINEモバイルのプランや月額料金

特徴のところで次の2つのプランがあると紹介しました。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン

カウントフリーとなる対象サービスがプランによって異なります。それぞれを簡単にまとめたのが次の図になります。

LINEモバイルの2つのプラン
(クリックで拡大します)

LINEフリープランでは月額500円~でLINEの通話・トークが使い放題となります。データ容量は1GBとなっています。LINEフリープランでカウントフリーの対象となるのはLINEのサービスです。

コミュニケーションフリープランは、月額1,110円~で3GB、5GB、7GB、10GBのプランが準備されています。コミュニケーションフリープランではLINEの他に、Twitter、Facebookもカウントフリー対象のサービスとなります。

どちらのプランでもデータ容量を使いきったときには、通信速度が200kbpsに制限されてしまいます。もし、データ容量が足りなくなったときには、0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)でデータ容量の追加ができます。

これらのプランと料金をまとめたのが次の表になります。

プラン名 SIMタイプ データ容量 月額料金
LINEフリー データSIM 1GB 500円
LINEフリー SMS付SIM 1GB 620円
LINEフリー 通話SIM 1GB 1,200円
コミュニケーションフリー SMS付SIM 3GB 1,110円
コミュニケーションフリー SMS付SIM 5GB 1,640円
コミュニケーションフリー SMS付SIM 7GB 2,300円
コミュニケーションフリー SMS付SIM 10GB 2,640円
コミュニケーションフリー 通話SIM 3GB 1,690円
コミュニケーションフリー 通話SIM 5GB 2,220円
コミュニケーションフリー 通話SIM 7GB 2,880円
コミュニケーションフリー 通話SIM 10GB 3,220円

通話SIMを利用したときの通話料金は20円/30秒と、他の格安SIMと同じような料金設定となります。また、コミュニケーションフリープランにはデータ専用SIMがありません。

このサイトでおすすめするIIJmioの料金と比較すると、LINEモバイルの料金設定はそれほどお得感がないかもしれませんね(参考にIIJmioの料金を紹介します)。

IIJmioのプラン一覧

プラン名 データSIM 通話SIM 月額料金 データ容量 最大通信速度
タイプD ミニマムスタートプラン o   900円 3.0GB 300.0Mbps
タイプD ライトスタートプラン o   1520円 6.0GB 300.0Mbps
タイプD ファミリーシェアプラン o   2560円 10.0GB 300.0Mbps
タイプD ミニマムスタートプラン   o 1600円 3.0GB 300.0Mbps
タイプD ライトスタートプラン   o 2220円 6.0GB 300.0Mbps
タイプD ファミリーシェアプラン   o 3260円 10.0GB 300.0Mbps
タイプA ミニマムスタートプラン o   900円 3.0GB 300.0Mbps
タイプA ライトスタートプラン o   1520円 6.0GB 300.0Mbps
タイプA ファミリーシェアプラン o   2560円 10.0GB 300.0Mbps
タイプA ミニマムスタートプラン   o 1600円 3.0GB 300.0Mbps
タイプA ライトスタートプラン   o 2220円 6.0GB 300.0Mbps
タイプA ファミリーシェアプラン   o 3260円 10.0GB 300.0Mbps

LINEモバイルのデメリット

『LINE』という知名度を活かしたLINEモバイルの参入ですが、現時点(2016年9月)で発表されている情報をまとめると次のようなデメリットが見られます。

  • 通話サービスが弱い
  • 店頭サービスがない
  • SNSのカウントフリーは意外と魅力が薄い

通話サービスが弱い

まず最初に出てくるのが通話サービスの貧弱さです。例えば、他の先行する格安SIMのIIJmioには『みおふぉん』、楽天モバイルなら『楽天でんわ』など、電話回線を利用した通話サービスでは通話料金が半額となるサービスがあります(20円/30秒が10円/30秒になります)。

ところが、LINEにはこのような通話料金が割安となるサービスがありません。また、楽天モバイルが先行して始めた『5分かけ放題』のような通話料金固定で割安で通話ができるサービスも予定されていません。

このように、LINEモバイルには電話回線を利用した通話に関するサービスがありません。LINE通話でかなり代用できるのも事実ですが、仕事などで安定した通話が必要なケースでは、かなり見劣りします。

店頭サービスがない

docomoやauなどの大手キャリアと比べるとサービス力の劣る格安SIMですが、IIJmioや楽天モバイルなどの大手は大手電気店や専門ショップなどの店頭で相談窓口を設けています。格安SIM初心者にはこのような店頭窓口はかなりの安心材料となりますが、LINEモバイルにはこのような店頭窓口の予定はありません。

質問や相談がある時には、Webサイトからの電話やチャットによる問い合わせとなりますので、細かいサポートや相談が必要なときは窓口の対面と比較すると対応力がどうしても低くなってしまいます。

SNSのカウントフリーは意外と魅力が薄い

LINEやTwitter、FacebookのSNSのカウントフリーをウリとするLINEモバイルですが、実は意外とSNSのデータ消費量は小さいです。

Androidならアプリごとのデータ消費量が確認できますので(格安SIMのデータ容量・プランの選び方やチェック方法をご紹介のページの中段あたり)、ご自身の普段のアプリごとのデータ消費量をチェックしてみてください。

SNSを利用している時間は多いと思いますが、データ消費量はその他のアプリが占めているのではないでしょうか。SNSはテキスト中心であったり、スマホ用にデータが最適化されていますので、使っている時間や情報量に比べてデータ消費量が以外と少なくなっています。

最近では写真共有のinstagramが流行っていますが、LINEモバイルのカウントフリーの対象にならなかったのは、データ消費量が多くこれをカウントフリーの対象にすると利益率が下がるためだと思います。

LINEモバイルはもう少し様子見したい

そんなサービスあったの?

多くの人が利用するLINEということで、知名度やブランド力は他の格安SIMよりもかなりあると思います。ただ、この記事で紹介したようなデメリットもあり、他の格安SIMと比べてみたときに「おすすめできる格安SIMなの?」と聞かれると『現時点ではNo』というのが管理人の考えです。

9月5日からは限定2万契約という限定で、正式には10月サービス開始ということですが、もう少し具体的なサービス内容や今後の予定がわかってからでも遅くはないのかなと思います。

他の格安SIMにはないLINEモバイルの1番の特徴は『LINEのID検索ができる』ことなので、これに非常に魅力を感じた場合はLINEモバイルはいい選択肢ですし、もしそうでなければもう少し様子見した方がいいと感じています。

LINEモバイルの発表で格安SIMに興味を持った方には、ぜひこのサイトで紹介する他の格安SIM(例えば、IIJmio)などもチェックしてみてください。LINEモバイルよりも魅力的なサービスをいろいろと提供していますので、それらの中から自分に合った格安SIMを見つけてくださいね。

おすすめの格安SIMはIIJmioだよ。他にもいろいろあるのでチェックしてみてね

おわりに

いよいよLINEの格安SIMサービスが開始しました。SNSのカウントフリーなどの魅力要素はありますが、今のところ「他の格安SIMと比べて移行するほどの大きな魅力はなさそう」というのが正直な感想です。

ただ、競争の激しい格安SIMの業界なので、おそらく他の格安SIMにも見劣りしないようなサービスや機能がこれから出てくると思います。

現時点で飛びつくのは少し早計な気がしますが、大きな注目を集める格安SIMには間違いありませんので、これからの動向を注目していきたいところですね。

関連記事

他の関連記事