メニュー

iPhone7正式発表! 9月16日発売で防水やFelicaに対応

iPhone7

AppleイベントでいよいよiPhone7が正式発表されました。

iPhone7が正式発表

毎年9月の中旬に開催されるAppleのイベントで、今年も注目の新型iPhoneのiPhone7が正式に発表されました。

イベントではiPhone6s/Plusの後継となる最新のiPhone7が紹介され、防水機能やFelicaに対応するなどの新しい機能が追加されています。これに伴い今までのiPhone6s以前のモデルは値下げされたので、SIMフリー版のiPhoneを安く入手したいときは、旧モデルを狙うのも1つの手かもしれません。

以前、このサイトでも次の記事をとりあげましたが、iPhoneのメジャーバージョン(6や6s、7など)はdocomoやauなどの大手キャリアと格安SIMでは2年間の総額にそれほど大きな違いはありません。

9月9日から予約を開始し、発売は9月16日を予定しています。価格は72,800円~で、新色を含めた5色がラインアップされています。性能アップはもちろんですが、注目は防水機能とFelica対応です。

具体的な仕様については次のAppleの公式ページにありますので、詳しくはそちらを参考にしてください。

iPhone 6以前のユーザーにおすすめ

iPhone7はiPhone6を2年間使ったユーザーからの機種変更におすすめで、iPhone6s/Plusユーザーからの料金面や機能面から考えるとそれほど大きなメリットはなさそうです。

格安SIMユーザーにとってはSIMフリー版の最安値のiPhone7でも72,800円と非常に高級なので、購入する/しないは意見の分かれるところではないでしょうか。特に来年はiPhoneが登場して10年目になる節目の年なので、さらに次期のiPhoneでは今まで以上に大きな変化があることが予想されています。

「欲しいときが買い時」ということもありますので、自分の使っているスマホのモデルと料金や機能を比較しながら考えたいところですね。

iPhone7の特徴

iPhone7では今までのiPhoneになかった防水やFelicaなどの特徴に加え、次のようなポイントが特徴として挙げられます。

  • iPhone 7 72,800円~ / iPhone 7 Plus 85,800円~
  • ジェットブラック/ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールドの5色
  • 防水対応
  • Felica対応(SuicaやiDが使える)
  • イヤホンジャックの廃止

まずはiPhone7の価格ですが、メモリの大きさやiPhone 7/Plusの違いによって次のようになっています。

モデル ストレージ 価格
iPhone 7 32GB 72,800円
iPhone 7 128GB 83,800円
iPhone 7 256GB 96,800円
iPhone 7 Plus 32GB 85,800円
iPhone 7 Plus 128GB 96,800円
iPhone 7 Plus 256GB 107,800円

いずれもAppleストアで購入できるSIMフリー版になりますが、去年発売した当初のiPhone6sよりも安く設定されています。ストレージが32GBでは物足りないと思いますので、128GBか256GBあたりがおすすめのモデルです。

20160908_3

カラーはジェットブラックという今回初登場した光沢のある黒色が加わり、全部で5色から選べるようになりました。

そして、いろいろなところで話題となっているのが防水機能です。Androidではすでにいろいろな端末が防水対応となっていますが、いよいよiPhoneも防水に対応しました。防水にもいろいろなランクがありますが、今回のiPhoneはIP67という規格の防塵・防水に対応しています(粉塵が内部に入らない、かつ、水没しても壊れない)。iPhoneを落として画面が割れたすき間から水が入った場合などは保証外なので、その点は要注意です。

次に注目なのがFelica対応です。特に日本の場合はFelicaに対応することで、SuicaやiDなどの電子決済にiPhoneが利用できるようになります。今後もいろいろな場面で電子決済に対応する場面やお店が増えることが予想されますので、これはうれしい機能だと思います。

AirPods

また、賛否両論のある特徴としてイヤホンジャックの廃止があります。AirPodsという新しい技術の導入によってイヤホンジャックの端子が廃止され、ワイヤレスのイヤホンを利用することを推奨します。もちろん、今までのイヤホンジャックも使えるようにアダプタも付属します。

ワイヤレスイヤホンによってケーブルの煩わしさが解消されるのがメリットですが、「今までのイヤホンやヘッドフォンがそのままでは使えない(アダプタがダサイ)」「ワイヤレスイヤホンの充電が5時間しかもたない」「アダプタを使うと充電が同時にできない」などのデメリットもあります。ネット上ではどちらかというと否定的な意見の方をよく見かける気がします。

これ以外に、スピーカーにステレオ機能が搭載されたり、カメラ2つの搭載でより高画質な写真が撮れるようになったり、チップの高性能化やバッテリーの持ちが長くなったりといった機能アップが図られています。

格安SIMでiPhone 7はありか?

iPhone 7自体は非常に魅力的な端末であることは間違いありません。ただ、格安SIMでiPhone7を使うメリットが大きいかどうかは少し検討が必要です。

というのも、新型iPhoneは大手キャリアが端末料金を1~2万円程度の負担でいいような料金体系にしてきます。だいたい月々の料金が7,000円プラス端末料金(1,000円~2,000円)くらいになりますので、2年間の総額で18万円前後になってきます。

それに対して、格安SIMの場合は端末料金が9万円くらいで、月額料金が2年総額で7万2千円(3,000円×24か月)の合計16万円くらいとなります。

2年総額
大手キャリア 18万円
格安SIM 16万円

選ぶiPhoneのモデルや契約プランによって違ってきますが、料金的な差は2,3万円くらいです。この程度の料金差であれば、大手キャリアのサービス面やサポートを考えると格安SIMが必ずしも良い選択肢とはならないと思います。

このあたりの料金的な違いについて、1つ前のiPhone6sやiPhone SEで検討したことがありますので、より詳しくはそちらを参考にしてみてください。

20160908_3

ここで言いたいことは、『2年ごとに機種変更するなら大手キャリアと格安SIMで大きな料金差はない』ということです。同じ端末を3年目以降も使い続けるなら圧倒的に格安SIMが安く使えるようになりますが、2年間で比較すると料金差もそこまで違いが出なくなります。サービスなど総合的に考えると、大手キャリアを選択するのも1つの方法かもしれません。

大手キャリアの通信料金には端末代を考慮した高額な月額料金が入っています。もし、2年目以降も同じiPhoneを使うユーザーはdocomoやau、SoftBankから搾取されていると考えるといいと思います。なので、2年目以降はSIMロックを解除して、SIMフリー端末として格安SIMへ移行するのが料金的にはお得な利用方法です。

iPhone7でもこの考え方は有効で、今から2年にわたって端末のローンを払いながら、2年後にSIMロック解除して格安SIMへ移行するのが1番お得な購入の方法かもしれません。

もちろん、AppleストアでSIMフリーのiPhone 7を購入して、最初から格安SIMで利用する方が安く使えますので、その選択肢ももちろん候補の1つになります。

おわりに

このサイトでは『格安SIM』という観点からiPhone7を考えていますので、機能面だけでなく料金面や機種変更のタイミングも購入する理由になってきます。

iPhone7単体は5年は戦える端末だと思いますので、iPhone6よりも以前のiPhoneユーザーやこれからiPhoneを使いたいユーザーにはおすすめできる端末だと思います。特に、防水やFelicaに魅力を感じたときはiPhone7はいい選択肢ですね。

管理人はお風呂でiPhone SEを使うときにジップロックに入れて使っていますが、防水機能のあるiPhone7ならそのまま使えるので便利ですよね。

格安SIMなら旧モデルを選ぶのもあり

iPhone7が出たので、管理人が使っているiPhone SEがこのタイミングで1万円近く割り引きされて、16GBが44,800円、64GBが49,800円となっています。もし、5インチではなく4インチのiPhoneにこだわりがあるのなら、ちょうど今のタイミングがiPhone SEをおすすめできると思っています。

特に、iPhone SEは端末料金が安いので大手キャリアの割引率もそれほどお得感がないので、格安SIMにうってつけの端末です。iPhone 7と合わせて、ぜひ1度お店で触ってみるのをおすすめします。

関連記事

他の関連記事