メニュー

OCN モバイル ONEの評価や比較、みんなの評判をまとめました

OCN モバイル ONE

格安SIMの最大手。NTTグループだからこその安心感です!

月額料金

データSIM900円~

通話SIM1800円~

データ容量3GB・5GB・10GB・15GB
回線docomo
  • 初心者
    安心
  • 店舗販売
  • 通話半額
  • 自宅で
    即日開通
  • データ
    繰り越し
  • 高速通信
    ON/OFF
  • 通信制限
    なし
  • シェア
    プラン
  • WiFi
    スポット
  • 使い放題
  • 容量追加
  • ポイント
    サービス
  • 5分かけ放題

OCN モバイル ONEのここがおすすめポイント

  • 格安SIMシェアNo.1 NTTグループなので抜群の安心感があります。
  • データ繰り越しやターボ機能などひととおりの機能が揃っています。
  • 他社には無い日次プランならデータ容量が毎日更新されるので使い過ぎも安心です。

OCN モバイル ONEの特徴

格安SIMで1番のシェアを誇るのが、OCN モバイル ONEです。OCN モバイル ONEはNTTグループが運営しているので、シェアの点でも運営面の点でも安心感があります。

OCN モバイル ONEでは3GBや10GBといった普通のプランを揃えるほか、日次プランも提供しているのが特徴です。

OCNモバイルONEのプラン群

日次プランは1日ごとのデータ容量が決まっているプランで、1日ごとにデータ量がリセットされます。通常の月次プランは月ごとにデータ容量がリセットされますが、月の最初の方でデータ容量を使い切ったりかなり消費してしまうと、月の後半はかなり使い方を制限されがちです。ところが、日次プランの場合なら、1日ごとでデータ量がリセットされるので、うっかりデータを消費しても次の日には元に戻るのがうれしい点です。

通話サービスは050 plusとOCNでんわ 5分かけ放題

20160525_2

その他のOCN モバイル ONEの特徴は、『050 plus』が通常300円のところを通話SIMなら無料、データ通信なら半額の150円となることです。050 plusというのは電話アプリで、050から始まる電話番号がもらえて、通常の格安SIMの通話料金よりも安く電話がかけられます。

050 plusはIP電話の技術を利用しているので、通常の電話回線よりも品質が悪いのですが、電話料金が安くできるのがポイントです。さらに、データSIMでも利用できますので、通話SIMなしでも電話番号を持てて、いざという時に電話をかけることができるのもメリットです。

OCNでんわ5分かけ放題オプション

また、OCNでんわの5分かけ放題サービスが始まりました。5分かけ放題オプションで先行する楽天モバイルと同じサービスをOCN モバイル ONEも提供開始しました。通話サービスに弱みのあったOCN モバイル ONEですが、5分かけ放題オプションを備えたことで、他の格安SIMと同じ水準の通話サービスが提供できるようになりました。

NTTグループという安心感

OCN モバイル ONEはシェアの多さとNTTグループという安心感が1番のメリットです。格安SIMの最大手ということで、ネットだけでなく電気屋さんなどの実店舗でも多くの取り扱いがあるので、購入窓口も豊富にあります。

また、光回線のOCN光とセット利用なら、OCN モバイル ONEの料金が毎月200円の割引きになる点も知っておくとお得かもしれません。

OCN モバイル ONEのユーザー評価やレビュー

総合評価 4.0

料金4.5

通信3.9

通話4.1

サポート3.5

満足度4.2

男性

OCNモバイルONE 男性 40代

料金4

通信3

通話-

サポート3

満足度3

プラン変更が毎月変更出来る点は、非常に使いやすいと思います。必要におおじて追加容量も便利です。しかし速度制限がかかると非常に遅いのとサポートが電話のみがやりづらい点、端末設定が素人には分かりずらいの事、セキュリティに不安が感じることがあります。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金4

通信5

通話5

サポート4

満足度4

良かった点は、通信の質が全く変わらず、安定して綺麗に通信してくれる所です。少し残念な点は、値段が他の格安SIMよりもちょっと割高な所と、手続きがほんの少し面倒な所でした。でもそれ以外はとても満足しています。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金4

通信4

通話-

サポート4

満足度5

毎月の通信費を押さえつつ、スマホを持ちたかった私には大満足の商品でした。また、ocnモバイルoneは口座振替ができます。クレジットカードを持ってない人も安心です。ただクレジットカードを持ってた方が会社を選べるのでもっと通信費を押さえられます。

男性

OCNモバイルONE 男性 20代

料金4

通信4

通話4

サポート3

満足度4

良かった点は価格が安くなった点です。今までは6000円程度かかっていたので1/3になったのは大満足です。悪かった点は価格を抑えようとしてしまってデータ通信を節約しようとしすぎてしまうのが精神的に悪影響であることです。

男性

OCNモバイルONE 男性 60代

料金4

通信5

通話5

サポート4

満足度4

良かった点としては、以前のキャリアの料金に比べて格段に安くなった。特に通話時間の少ない使用形態の私にはぴったりだった。また、無料の050PLUSの電話番号をもらえるのも良い。悪かった点は、新たにシムフリー対応のスマホを購入しなければならなかった点だが長い目で見た場合は短所とは言えないかも知れない。また電話をする時に、050PLUSの安い通話料金でも従量制の料金が気になることが多い。

女性

OCNモバイルONE 女性 30代

料金5

通信3

通話-

サポート5

満足度4

毎日の上限があるプランを契約していますが、動画などは見ないのでほとんど上限にいくことなく使用しています。以前はほとんど使用していないのに5000円近くとられていましたが、今は1700円ほどなのとても経済的で助かっています。

男性

OCNモバイルONE 男性 50代

料金5

通信2

通話-

サポート3

満足度3

外出先でしか使わないので割安で良かったです。メールだけなら十分ですが、webでは反応が遅いことがたびたびあります。場所と時間にもよるのかもしれません。出張先の関西では遅い気がします。特にお昼時はひどいです。

女性

OCNモバイルONE 女性 40代

料金3

通信3

通話4

サポート2

満足度3

SMSが送れる人【ケータイのキャリアによる?】送れない人がいる。問い合わせして、新しいシムを送ってもらいましたが、結局変わらない。これが、悪かった点。良かった点は、今まで携帯代が8000円くらいだったのが、2000円くらいになったこと。

男性

OCNモバイルONE 男性 30代

料金5

通信4

通話-

サポート3

満足度5

良かった点は、何と言っても料金が安いことです。通信料金が1000円ほどで利用できますので、大変ありがたく思っています。悪かった点は特に思いつきませんが、キャリアメールが使えなくなったことが不便ですのでそこをどうするかですね。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金5

通信4

通話4

サポート3

満足度5

OCNモバイルONEの音声通話SIMの契約者は050PlusというIP電話アプリを月額基本使用料無料で利用できる所が気にっています。基本プランに無料通話分はありませんが、050Plusのアプリを使えるので通話料は格安で済んでいます。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金4

通信3

通話3

サポート2

満足度4

なんといっても安いのがいい。電話をほとんどかけないので電話料金もさほど気になりません。ネットが若干繋がりにくい場合もありますが、Wi-Fi環境があればそんなに気にならないし制限もかからないので今のところ不便を感じません。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金5

通信3

通話-

サポート2

満足度3

初めて格安SIMを購入したが、契約手続きが少し面倒くさかった。SIMを店頭で購入したら、あとは自分でパソコンで契約・利用手続きをしないといけないので、もう少し簡単に利用できるようにして欲しい。でも利用料はとても安いので、そこは満足しています。

男性

OCNモバイルONE 男性 40代

料金5

通信5

通話-

サポート3

満足度5

MVNOでまったく問題なし。OCN以外は使ったことはないのでわからないが、MVNOでも元がどこの通信会社かによると思う。NTTドコモであれば安心だし、現状にまったく不満はない。通話機能に関しては高くなるので契約していない。

男性

OCNモバイルONE 男性 20代

料金4

通信4

通話4

サポート3

満足度4

通信費を安く抑えられ、解約月を機にする必要がない。以前はauを使っていましたが、データ通信を多く利用した月とあまり利用しなかった月の料金が同じことに不満を感じていました。格安シムに変えてからは自分の利用スタイルに合わせていつでもネット上でプランを変更できる点が気に入っています。

女性

OCNモバイルONE 女性 20代

料金5

通信5

通話-

サポート5

満足度5

月々の料金が安く済むところがいいです。10カ月間使っていて、つながりづらいということも今まで一度もないので、とても満足しています。webからの購入も簡単にできました。悪いところは何も思い浮かばないです。

男性

OCNモバイルONE 男性 30代

料金5

通信5

通話3

サポート3

満足度5

SIMカードを契約する際、店に行くことなくネットですべて終わらせられたのは楽でよかったです。また、家のネットのプロバイダがOCNだったので、セット割のようなものがあり毎月200円引きされたのでよかったです。

男性

OCNモバイルONE 男性 50代

料金5

通信5

通話5

サポート5

満足度5

会社、自宅でWIFI環境下に多くの時間がいる方にオススメです。無駄なパケット料金を払わずに必要な分だけ払えば済むからです。年で数万円の違いが出るので電力自由化以上のめりっとがあるんじゃないでしょうか。

男性

OCNモバイルONE 男性 30代

料金4

通信4

通話-

サポート3

満足度4

料金が大手三社(AU,DOCOME,SOFTBANK)に比べて断然安い。ただ、定額でもっと安いのが出て欲しい。また、通信速度が若干遅く感じることもある。ただ、自宅や場所によってはWIFIを使い、その速度は速いと思うし、それ以外で格安SIMを利用するので、速度は十分かと思う時もあるし、金額には満足している。

男性

OCNモバイルONE 男性 40代

料金5

通信4

通話-

サポート4

満足度4

最も良いと思った点は、やはり月額使用料金の安さです。 三大キャリアを利用した場合と比べると、その差は圧倒的だと思っています。 通話の方はガラケーを持っていれば補えますし、今のところ不便だと感じる点もほとんどありません。

男性

OCNモバイルONE 男性 10代

料金5

通信2

通話-

サポート5

満足度4

私の格安SIM利用目的としましては、勿論料金の面であります。以前までのスマホ利用料金は月8千円程になります。格安SIMに変えてからは月4千円程で済んでいます(5GBプランの申し込みです)料金では、月で4千円の節約になりましたので満足しています。しかしデータ量の面でいえば少し物足りないのが正直なところですね。というのも、かなりYoutubeを好み、毎日5時間は使用しています。そのため5GBのデータ量であればすぐさまなくなってしまいます。動画視聴でデータ量を喰ってしまうことは当たり前の事ではありますが、事前によく調べなかった私の非ですね(笑) 後は電波の面でも少し心配なところはあります。今現在持ち合わせている、ポケットWifiと比べましても、少し電波が弱いと感じる事態が多少は多くなります。ですので格安SIMを購入する最には、事前に用途の確認するなどが重要でしたね。ただ、軽いネットに使うなどを主とするならば、格安SIMはとても有用な手段だと思います。 拙い文章ではありますが以上になります。


OCN モバイル ONEのプラン一覧

プラン名 データSIM 通話SIM 月額料金 データ容量 最大通信速度
110MB/日コース o   900円 3.3GB 262.5Mbps
170MB/日コース o   1380円 5.1GB 262.5Mbps
3GB/月コース o   1100円 3.0GB 262.5Mbps
5GB/月コース o   1450円 5.0GB 262.5Mbps
10GB/月コース o   2300円 10.0GB 262.5Mbps
500kbps/月コース o   1800円 15.0GB 0.5Mbps
110MB/日コース   o 1600円 3.3GB 262.5Mbps
170MB/日コース   o 2080円 5.1GB 262.5Mbps
3GB/月コース   o 1800円 3.0GB 262.5Mbps
5GB/月コース   o 2150円 5.0GB 262.5Mbps
10GB/月コース   o 3000円 10.0GB 262.5Mbps
500kbps/月コース   o 2500円 15.0GB 0.5Mbps

OCN モバイル ONEのプランで特徴的なのは日次プランです。日次プランについては、最初で軽く紹介しましたので、ここでは軽く触れるにとどめておきます。日次プランでは1日あたりのデータ量で上限が決まっていて、次の日にはデータ量がリセットされるプランです。日次プランには110MBと170MBの2つのプランがありますが、ひと月に換算するとそれぞれ3.3GBと5.1GBとなります。「つい使いすぎて通信制限にかかてしまう」というユーザーは、通信制限が次の日には解除されるので、日次プランの方がいいかもしれません。

日次プラン以外にも、通常の月次プランも3GB、5GB、10GB、15GBとデータ容量に応じてプランが設定されています。1つ注意しておきたいのが500kbpsの15GBのプランです。これは通信速度を500kbpsと抑える代わりに15GB使えるプランです。そのため、月額料金も10GBプランよりも安く設定されています。

いずれのプランもデータ容量を使い切ったり、高速通信をOFFにした場合は200kbpsの低速通信になります。そして、OCN モバイル ONEの1つの特徴として、この低速通信(200kbps)にはデータ容量の制限がありませんので、低速にはなりますがデータ容量は使い放題となります。

また、プランの変更も毎月1回できますので、状況に合わせて「今月は3GBプラン、来月は日次110MBプラン」というような変更ができるのがうれしいポイントです。

OCN モバイル ONEのその他の特徴

OCN モバイル ONEの「日次プラン」や「050 plus」「OCN光 割引」以外の特徴を紹介していきます。

OCNでんわ 5分かけ放題

OCNでんわ5分かけ放題オプション

OCN モバイル ONEにも5分かけ放題の通話オプションが登場しました。

OCN モバイル ONEが提供するOCNでんわの5分かけ放題オプションの特徴は次のとおりです。

  • 月額+850円で5分までの通話が無料
  • 専用アプリ『OCNでんわ』を利用
  • 通話品質が高い

月額+850円のオプションで5分までの通話が無料となります。5分を超えた通話に関しては、通常の通話料金の半額の10円/30秒となります。

通話には専用アプリの『OCNでんわ』を利用します。このOCNでんわは中継電話という技術を利用し、相手の電話番号の前に『003543』のプレフィックスを自動的に付与することで、このサービスを利用できるようになっています。

中継電話の仕組み

この中継電話は通常の電話回線を利用するので、通話品質が高いまま通話を利用することができます。

OCNでんわ単体の利用はできず、5分かけ放題とのセットが前提のサービスなので、IIJmioの『みおふぉん』などよりも使い勝手が悪いですが、OCN モバイル ONEでも5分かけ放題が利用できるという点で非常に魅力的なサービスとなっています。

050 plusのカウントフリー

IP電話の050 plus、OCN モバイル ONEアプリのデータ通信はデータ消費のカウントがされません。特に、050 plusはIP電話を利用していますので、電話のやりとりでデータ通信を行っています。音声データは比較的データ量が多くデータ消費が大きくなりがちですが、OCN モバイル ONEに加入していれば、050 plusで利用するデータ通信のデータがカウントされません。

無料のWi-Fiスポットを提供

20160623_1

OCN モバイル ONEに加入すれば、全国約82,000箇所のWiFiアクセスポイントが利用できます(※2 2016年7月から)。初回にIDとパスワードを設定すると、自動でWiFiスポットに接続できる仕組みとなっています。外出時のデータ消費が気になるところですが、WiFiポイントを利用すればデータ消費せずにすみますので、積極的に利用していきたいサービスです。さらに、一般にWiFiスポットは通信速度が高速なので、快適にネットが利用できるのもWiFiアクセスポイントのメリットの1つです。

クレジットカードが使えないときにも対応(口座振替やプリペイド版)

格安SIMはクレジットカードの支払いが一般的です。その理由は支払いの簡素化と信用・審査確認の手間を省くためです。「クレジットカード所持 → 支払い能力がある」ということです。格安SIMではこのような手間やコストをかけないことで、通信料を安くできている側面があります。

そのため、クレジットカード以外の支払いに対応する格安SIMはなかなかありませんが、OCN モバイル ONEの場合は口座振替ができる場合があります。この場合は直接申し込みを行わず、下のページの専用カスターマーズフロントへ問い合わせてみてください。

また、プリペイド版のSIMカードも販売していますので、クレジットカードが利用できない場合でも、OCN モバイル ONEなら格安SIMが利用できるかもしれません。

バースト機能ができるようになります

OCN モバイル ONEのバースト機能

2016年6月16日からOCN モバイル ONEにもバースト機能が登場します。

バースト機能とは、上の右側の図のように、低速通信の時にデータ読み出しの最初の部分だけは高速通信で読み込む機能です。

データ容量を使い切ったり、高速通信をOFFにすると低速通信の200kbpsという遅い通信速度になってしまいます。バースト機能がない場合は、データの読み込みに時間がかかってユーザーのストレスになってしまいます。

これに対して、バースト機能がある場合は、データの最初の読み込み部分は高速通信が適用されますので、データ量の小さいテキストサイトやLINEなどのSNSならすぐにデータの読み込みが終わって、ユーザーのストレスが軽減されます。

1点注意したいのは、動画や音楽ストリーミングのようにデータ量が大きかったり、連続してデータを読み込む場合はバースト機能の効果を期待できないことです。バースト機能が効果的に機能するのは、ネットを見ていて次のページへ移動するときや、LINEでメッセージをやり取りするときなどのように、新しいデータ読み込みが発生するときになります。

今までこのバースト機能はIIJmio系の格安SIMだけが提供していた機能でしたが、OCN モバイル ONEでも提供されるようになりました。

OCN モバイル ONEのここがイマイチ

OCN モバイル ONEのマイナスポイントです。

Webサイトがわかりづらい

格安SIMはWebサイトの申し込みが半数近くを占め、Web申し込みが契約手段の主流の1つです。OCN モバイル ONEもWebサイトから申し込みができるのですが、サイトがかなり入り組んでいてわかりづらいです。

わかってしまえば問題ないのですが、プランを調べたりいろいろな情報を知りたいときには迷ってしまいます。この点は改善を期待したいと思います。

音声通話のサービスが弱い

OCN モバイル ONEには050 plusというIP電話サービスがあります。この050 pulsは割安で通話ができる反面、通話品質が低いのが欠点です(声が聞きとりにくかったり、回線が不安定)。IP電話なので通話品質が低いのは仕方ありませんが、仕事や大事な電話には使いづらいのが現状です。

IP電話

そこで、通話品質が必要な場合は、通常の電話回線を利用することになります。一般的に、格安SIMは通話料金が20円/30秒と高めに設定されていて、OCN モバイル ONEも同じ料金設定を採用しています。ところが、最近では専用アプリを使って半額の10円/30秒で電話をかられる格安SIMが出てきました(IIJmio楽天モバイル など)。

OCN モバイル ONEには通話が半額になるサービスがありませんので、この点がデメリットになります。おそらく「NTTグループとして050 plusへ誘導したい」という思惑があるので半額サービスを導入しないのでしょうが、通話品質の低い050 plusではどうしてもカバーしきれないところもあります。

新しく登場した『OCNでんわ 5分かけ放題』の通話オプションで通話サービスがかなり強化されましたが、OCNでんわは5分かけ放題に加入しないと使えません。他の格安SIMの通話半額サービスと比較すると、OCNでんわは使い勝手が悪いという点は否めません。

OCN モバイル ONEのまとめ

なんと言ってもOCN モバイル ONEは、NTTグループであり格安SIMの最大手という安心感があります。日次プランや050 plusやWiFiポイントなども特徴的なポイントとなっています。

また、すでに『OCN 光』と契約しているユーザーやこれから光回線とセットで導入したいユーザーなら、毎月200円の割引きがあるのも見逃せません。

もし、格安SIM選びに迷ってしまったら、1度OCN モバイル ONEをチェックしてみてはいかがでしょうか。

OCN モバイル ONE

格安SIMの最大手。NTTグループだからこその安心感です!

公式ページはこちら

関連記事

他の関連記事